Linux
ARM
embedded
nanopineo

NanoPi NEOのホスト名変更とavahi-daemonの有効化

sshでログインするときにIPアドレスを調べなくてもよいようにしたい。

ホスト名の変更

まずホスト名を打ちやすい名前に変更する。
/etc/hostname と /etc/hosts を修正する。
タイプミスして、この2つのファイルの整合性がとれなくなった状態ではsudo がエラーで実行できなくなり、かなり困った状態に陥ってしまう。
それを回避するため、sudo でbashを起動して、その状態でこの2つのファイルを書き換える。

$ sudo bash
# vi /etc/hostname
# vi /etc/hosts

修正されたファイルの内容は以下。

# cat /etc/hostname 
neo
# cat /etc/hosts
127.0.0.1    localhost.localdomain localhost
127.0.1.1    neo

ホスト名をセットできることを手動で確認する。

# hostname `cat /etc/hostname`
# hostname
neo

これでいったんリブートする

avahi-daemon のインストール

sudo apt install avahi-daemon
$ ps ax |grep avahi
 1166 ?        Ss     0:00 avahi-daemon: running [neo.local]
 1167 ?        S      0:00 avahi-daemon: chroot helper
 1400 ttyS0    S+     0:00 grep --color=auto avahi

avahi-daemonが動いているようだ。
設定ファイルの変更は特に必要ない。

Macからログイン

ホスト名の後ろに .local をつければよい。

MAC$ ssh pi@neo.local

これでIPアドレスを調べる必要がなくなった。