0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Djangoを使ったWEBアプリケーションの開発【初期設定編】

起動編の続き

WEBアプリケーションを開発していくための初期設定を行います。
project1フォルダ内のproject1の中にあるsettings.pyファイルを編集していきます。
今回、エディタとしてAtomを使用していきます。

settings.pyの編集

settings.pyでは、データベース設定や認証などの記述がされています。
Djangoの標準としてsqlite3が設定されています。
(ただし、sqliteはアクセス数が多くなるとレスポンスが遅くなるため、本番環境では、PostgreSQLやMySQLが使用されるようです。)
まず、変更する点として「言語設定」「タイムゾーン」を変更します。

#言語設定
#LANGUAGE_CODE = 'en-us'
LANGUAGE_CODE = 'ja'

#タイムゾーン設定
#TIME_ZONE = 'UTC'
TIME_ZONE = 'Asia/Tokyo'

そして、Djangoサーバーを起動し変化の確認を行います。

$ python3.6 manage.py runserver

ブラウザに「http://127.0.0.1:8000/」を入力することで起動画面を確認できます。
screencapture-127-0-0-1-8000-2020-09-14-07_24_17.png
日本語に変化することを確認できました。

コマンドプロンプトでControl + Cでサーバーを停止させておきます。

マイグレート

次にマイグレートを行います。
マイグレートを行うことでデータベースのテーブルを作成することができます。

$ python3.6 manage.py migrate

Operations to perform:
  Apply all migrations: admin, auth, contenttypes, sessions
Running migrations:
  Applying contenttypes.0001_initial... OK
  Applying auth.0001_initial... OK
  Applying admin.0001_initial... OK
  Applying admin.0002_logentry_remove_auto_add... OK
  Applying admin.0003_logentry_add_action_flag_choices... OK
  Applying contenttypes.0002_remove_content_type_name... OK
  Applying auth.0002_alter_permission_name_max_length... OK
  Applying auth.0003_alter_user_email_max_length... OK
  Applying auth.0004_alter_user_username_opts... OK
  Applying auth.0005_alter_user_last_login_null... OK
  Applying auth.0006_require_contenttypes_0002... OK
  Applying auth.0007_alter_validators_add_error_messages... OK
  Applying auth.0008_alter_user_username_max_length... OK
  Applying auth.0009_alter_user_last_name_max_length... OK
  Applying auth.0010_alter_group_name_max_length... OK
  Applying auth.0011_update_proxy_permissions... OK
  Applying auth.0012_alter_user_first_name_max_length... OK
  Applying sessions.0001_initial... OK

無事、データベースの作成ができました。
今後このテーブルに必要な情報を追加していくことになります。

アプリケーション追加編

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
0
Help us understand the problem. What are the problem?