ICONIX
ユースケース駆動開発

ユースケース駆動開発実践ガイドメモ


はじめに

この記事はユースケース駆動開発実践ガイドの個人的なまとめになります。

最初はザックリ書き、少しずつ内容を詰めていく予定です。


ICONIX

最小限のUMLのコアサブセットとユースケースからオブジェクト思考ソフトウェア設計を導出するための思考プロセスのこと

以下にプロセスと簡単な説明を記載します。


1. 要求


a. 機能要求

システムができることの定義する


b. ドメインモデリング

分かりやすい用語で問題領域を理解する


c. 振る舞い要求(ユースケース作成)

ユーザとシステムの対話を定義する


d. 要求レビュー

ユースケース記述が顧客の要望に応えているかを確認する


2. 分析/予備レビュー 


ロバストネス分析

・ロバストネス図を書きユースケース図とドメインモデルを更新する

・クラスの発見、曖昧な記述の修正、ドメインオブジェクトに対する属性を追加する

・ユースケースを動かすために必要な全ての論理的なソフトウェア機能(コントローラ)に名前を付ける


3. 予備設計レビュー(PDR)

・これまでに書いた図が全て辻褄が合っているかを確認する

・詳細設計に踏み込んでないことを確認する


4. 詳細設計


シーケンス図の作成

・クラスに責務を割り当てる

・ドメインモデルを更新し、ドメインオブジェクトに操作を追加(operation)する


5. 詳細設計レビュー(CDR)

・ユースケース図とシーケンス図を合致させる

・メッセージの一貫性を確認する


6. 実装

・コーディングと単体テスト

・結合テストとシナリオテスト