Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Git】特定のファイルをGit管理したいときの手順(~/.vimrc, ~/.zshrcをバックアップ)

はじめに

これまでディレクトリ全体、git add .とかgit add -Aばかり使用していたので、調べました。

特定のファイルだけをGit管理するときの手順をまとめています。

今回は以下2点のファイルを管理したい場合を例にしています。

  • ~/.vimrc vimの設定ファイル
  • ~/.zshrc zshの設定ファイル

この記事が役に立つ方

  • 特定のファイルをGit管理したい方

この記事のメリット

  • 特定のファイルだけをGit管理する方法が分かる

環境

  • macOS Catalina 10.15.1
  • zsh: 5.7.1

【準備】

GitHubなどでリモートリポジトリを事前に作成しておく。

※今回自分で管理したかったのは設定ファイルなので、リモートリポジトリはpublicでなく、privateにしておきました。

【手順】

1.init

cd

該当ファイルのある場所(今回はホームディレクトリ)に移動。

git init

Git管理するためにローカルリポジトリを作成。


2.add

git add .vimrc .zshrc 

半角スペース区切りで複数ファイルを一度にadd可能。

ファイル名に共通項があるのであれば、以下のようなコマンドでも問題なし。

git add .*rc

*がワイルドカードなので、隠しファイルで末尾がrcで終わるファイルが全て対象になる。

git add -n .*rc

-nオプションをつけると、どのファイルがaddされるかを確認することが可能。(実際はaddされない)


3.commit

git commit -m "first_commit"

適当なコミットメッセージをつけてローカルリポジトリに保存。


4. push

まずリモートリポジトリの設定をします。

git remote add リポジトリ名 リモートリポジトリURL
  • リポジトリ名:任意で設定。
  • リモートリポジトリURL:GitHubなどで事前に作成しておいたものを使用。URLをコピペする。
git push essentials master

これでpushして完了です。

大事なファイルなのでリモートリポジトリ名は"essentials"としました。


5. 確認

git ls-files

現在Git管理されているファイル一覧が出る。

ちゃんと管理したかったファイル名が表示されていればOK。


6. 次回からのadd

git add -u

2回目からはaddはこのコマンドで対応可能。

-uオプションをつけるとGit管理されているファイルのみを対象としてaddしてくれる。

おわりに

最後まで読んで頂きありがとうございました:bow_tone1:

エディタはvim、シェルはzshを愛用していて、この2つの設定ファイルが一度消えて超ショックだったので、バージョン管理することにしました。

出来れば上書き保存したら勝手にgit addgit pushされるように自動化していきたい。

Guardとシェルスクリプトとか活用すれば出来そうな感覚はあるんですが...また挑戦します。

もし実際に自動化してるよ!という方がいれば教えて頂きたいです:relaxed:

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away