Help us understand the problem. What is going on with this article?

【遭難防止】Git初心者のための現状確認コマンドの意味まとめ git status, git log,git diff【俺、今どこにいるの?】

これを理解するまで、例えるなら山で地図とコンパスとGPSを持っているけど使い方がわからなくて(使っていなくて)道迷いしまくるような状態でした。

「もうGitで遭難したくない!」というあなたに役立てばと思います。

誤り等あればご指摘頂けますと幸いです。

この記事が役立つ人

  • 細かい表示内容は置いといて、意味を知りたい
  • 確認系の各種コマンドはよく分からない
  • Git初心者
  • add commit pushの意味は分かる

各コマンドの表示単位

表示単位が小さい順から大きい順です。

【小】git diff

「ファイルの中身」を表示。

差分を抽出してくれる。
qで抜けられる。

【中】git status

「ファイル」を表示。

現在、最新のcommit後にどこが変更になったのかをファイル単位で教えてくれる。

【大】git log

commitを表示。

現在いるbranchの中での「commitの履歴」を教えてくれる。

表示したいこと別 コマンド一覧

オプションも多すぎて、どれを使ったらいいか分からないですよね。
これを使えば現状把握にはそう困らないと思います。

まずはオプションなしで使ってみることで、根本の機能を理解するのが大事ですね。

注意点
あれ?戻らない!と思ったら、だいたいqを押せば抜けられます。

【ファイルの中身単位】git diff

1.(オプションなし) addされる前の内容を表示したい。

$ git diff

2.addされてるけどcommitされていない内容を表示したい。

$ git diff --cached

【ファイル単位】git status

1.(オプションなし)前回のcommitから変更のあったファイルを表示したい。

$ git status

2.コンパクトにgit statusを表示したい。

$ git status -s

【commit単位】git log

1.(オプションなし)commitした履歴を一覧表示したい。

git log

2.コンパクトにgit logを表示したい。

git log --oneLine

3.どこを変更したかをgit logを表示したい。
追加表示されるのは「ファイルの中身」
git diffをついでに表示するイメージ。

git log -p

4.どこを変更したかをgit logを表示したい。
追加表示されるのは「行数」
追加・削除件数が視覚的に分かるので「ここに大きな変更があったんだ」とわかりやすい。

git log --stat

参考にさせて頂いたサイト(いつもありがとうございます)

git入門 (全22回) - プログラミングならドットインストール
git logコマンドまとめ - Qiita

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away