Help us understand the problem. What is going on with this article?

データ並列ライブラリRayonを使ってみた

More than 1 year has passed since last update.

この記事はRustアドベントカレンダーその2の12/18の記事です

nikomatsakis/rayonはRustでデータ並列なコードをiterator形式で簡単に実装するためのライブラリです。
C/C++/FortranでOpenMPで並列化していたような部分の代替と考えられます。
バックエンドの実装方式としてはIntel Clikと同様のwork stealingによります。
イテレータを分割してスレッドプールを用いてそれぞれに対して処理を実行します。

簡単な使い方

READMEに詳しく書いてあるので、簡単な紹介だけ:
Rustのコードではイテレータで処理を記述することが多いと思いますが、RayonはIteratorの代わりにParallelIteratorを導入します:

  • iter()par_iter()
  • iter_mut()par_iter_mut()
  • into_iter()into_par_iter()

に変更するだけで普通のIteratorと同じように使えるようになっています。

use rayon::prelude::*;
fn sum_of_squares(input: &[i32]) -> i32 {
    input.par_iter()
         .map(|&i| i * i)
         .sum()
}

のように記述するだけで並列にmapを計算し合計値を計算します。
使える関数はrayon::par_iter::ParallelIteratorにまとまっています。

初期化

上記のようなコードは自動的にスレッドプールの初期化を実施します。
スレッドプールの数を変更したい場合は明示的に初期化する必要があります。

let cfg = rayon::Configuration::new();
rayon::initialize(cfg.set_num_threads(4)).unwrap();

詰まったところ

次のようなコードはコンパイルできません:

let a = vec![1.0; size];
a.par_iter()
    .map(|x| 2.0 * x)
    .collect();

このコードはcollect()が存在していないためコンパイルできないです。本来collect()std::iter::FromIteratorを通して定義されますが、par_iter()ParallelIteratorを返しているのでそのままでは定義されない(´・ω・`)。
代わりにRayonにはcollect_into()が定義されているようだ。

let a = vec![1.0; size];
let result = vec![0.0; size];
a.par_iter()
    .map(|x| 2.0 * x)
    .collect_into(&mut result);

事前にvectorを用意しておく必要があるらしい。
collect_into()は事前に長さがわかっているイテレータ(ExactParallelIterator)にのみ定義されているので注意です。

ricos
FEMによる構造解析、機械学習の専門家集団。計算資源のクラウド提供もしています。
https://www.ricos.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした