Edited at

OpenJDK(Java)を最新のUbuntuにインストール

More than 1 year has passed since last update.


Javaのインストール

Ubuntuであればaptコマンドでインストールできます。

Javaを動かしたいだけであれば「Javaの利用のみの方(JRE)」、開発者は「開発者の方(JDK)」の章を読んでください。


環境

以下の環境で動作を確認しています。


  • Ubuntu18.04


Javaの利用のみの方(JRE)

OpenJDKのバージョンを検索


terminal

$ sudo apt search openjdk-\(\.\)\+-jre$


任意のバージョンをインストールします。ここではJava8を選択しています。


terminal

$ sudo apt-get install openjdk-8-jre


最後にJavaがインストールされているかを確認します。


terminal

# javaのバージョンチェック

$ java -version
openjdk version "1.8.0_162"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_162-8u162-b12-1-b12)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.162-b12, mixed mode)


開発者の方(JDK)

OpenJDKの開発者向けバージョンを検索


terminal

$ sudo apt search openjdk-\(\.\)\+-jdk$


任意のバージョンをインストールします。ここではJava8を選択しています。


terminal

$ sudo apt install openjdk-8-jdk


最後にインストールされているかを確認します。JDKをインストールした場合はjavacコマンドが使えるようになります。


terminal

# javaのバージョンチェック

$ java -version
openjdk version "1.8.0_162"
OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_162-8u162-b12-1-b12)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.162-b12, mixed mode)

# JDKがインストールされているかチェック
$ javac -version
javac 1.8.0_162



最後に

aptにないバージョンをインストールしたい方は以下のOpenJDKの公式サイトの手順に従ってインストールしてください。