Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

RaspberryPi3でWindows10 IoT Coreを動かす(2019/02/13)

もくじ
https://qiita.com/tera1707/items/4fda73d86eded283ec4f

概要

xamlの画面作りの勉強をしたいので、Win10 IoTで電子工作しながら画面作成の勉強をしようと思い、その環境を作ったので、以下にやったことをメモ。

必要ファイルのダウンロード

現時点でのダウンロードページから、必要ファイルをダウンロード。

IoT Core ダウンロードページ
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/iot-core/downloads

Windows 10 IoT Core DashBoard

Windows 10 IoT Core ダッシュボードをまずダウンロード
image.png

IoT Core本体

ラズパイ向けのIoT Core リリースをダウンロード
image.png

ラズパイに挿すIoT Core入りSDカード作成

まずSDカードをきれいにしたい場合はこちら
SDカードをパーティション削除~フォーマットしたときのメモ

SDカードが用意できたら、
ダウンロードしたisoをダブルクリックし、中のmsiを実行。
image.png

image.png

image.png

C:\Program Files (x86)\Microsoft IoTの下に、「Windows IoT Core Image Helper」と「Windows Iot Core Watcher」が入るので、Helperのほうを実行。
image.png

下記のような画面がでるので、上の枠でSDカードのドライブを選択。下のBrowse枠で、SDに書き込むためのIoTCoreのイメージ「flash.ffu」を選択。
flash.ffuは下記にある。

ffuの場所
C:\Program Files (x86)\Microsoft IoT\FFU\RaspberryPi2
image.png

「FLASH」を押すと、SDへの書き込みが始まる。
image.png
書き込みが終わったら、SDの作成終了。

IoT Coreを動かす

作成したSDカードをラズパイに入れて、電源を入れる。
その前に、
・マウスをさしておく。
・キーボードをさしておく。
・HDMIモニタをさしておく。
・ネットワークに接続しておく。
 ※今回試した時は、DHCPありのルーターに、PCと一緒に接続したので、IPアドレスが自動で振られた。

電源投入後、下記のような画面になる。この後、言語の選択などを行う。
IMG_5050.JPG

初期設定が終わると、このような画面になる。
IMG_5051.JPG

接続する(ブラウザ)

SDをさしたラズパイ3がうまく動作していると、ラズパイ側のtop画面にIPアドレスが出ているので、そのIPを参考に、ブラウザで下記のように接続する。

http://[ラズパイのIPアドレス]:8080
※デフォルトのユーザー名は「administrator」、パスワードは「p@ssw0rd」
image.png

接続する(ダッシュボード)

ラズパイが起動した状態で先ほどインストールしたダッシュボードを立ち上げると、「自分のデバイス」にラズパイのIPが表示される。
image.png

サンプルコードを動かす

サンプルページからコードを持ってきて、動かしてみる。
「Clone or Download」を押して、ダウンロードする。
https://github.com/ms-iot/adafruitsample
image.png

その中の「Blinky.sln」を開く。
まず、プロジェクト名を右クリックして、プロパティを開く。
image.png

「デバッグ」を選択し、下記のように設定する。
・ターゲットデバイス:リモートコンピューター
・リモートコンピューター(IP):ラズパイのIP
・認証モード:ユニバーサル ※VS2015の頃は、これを「なし」にしないとうごかない時期があったらしい
image.png

緑矢印を押すと、ラズパイにプログラムの配置処理が始まる。
image.png
1分くらいかかる。
※初回ビルド時は、不足しているものを色々自動でインストールしてくれているから、時間がかかるっぽい。

これで、画面に配置したプログラムの画面がでれば成功。
(GPIOピンにも出力が行われている)
IMG_5052.JPG

2021/01/03 追記

VS2019からでは、リモートデバッグはできないらしい。
https://www.codeproject.com/Articles/1945985/App-Development-on-Windows-IoT-using-VS-2019
image.png
※ただ、VS2017で作成したslnだと、VS2019で起動していてもリモートデバッグができるっぽい。
VS2019で新規作成したものがダメということ?(未検証)

参考

Windows 10 IoTの情報ページ
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/iot-core/windows-iot

サンプルプロジェクトページ
https://github.com/ms-iot/adafruitsample/blob/master/README.md
※以前はもっといろいろなサンプルがどこかにあったが、今みたらなくなっていた。

参考(追記)

ダッシュボードの「サンプルを試す」から、多数のサンプルを取ることができた。
image.png

tera1707
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away