Windows Subsystem for Linux の fork は速いのか

More than 3 years have passed since last update.

Windows10 で bash が動く!と話題になりましたね。

自宅の Windows にも Build 14352 のアップデートが掛かったので導入してみました。

概要については Windows Subsystem for Linux Overview の記事の画像がわかりやすいです。


で、fork は速いのか遅いのか

互換性やエコシステムの充実度も大事なのですが、個人的な使い勝手としては一番ここが大きいかなと。

bash で for i in {1..10000}; do date; done | uniq -c を実行。

出力の1行目と最終行は除外し、秒間に何回 date を呼び出せるかをざっくり計測してみました。

Platform \ Value
mean
median
max
min

Windows Subsystem for Linux
38.35
37
46
35

Cygwin
94.65
95
104
93

MSYS2
94.95
95
98
92

Windows Subsystem for Linux 遅いですね。

あくまでプレビューなので常用を考えること自体がおかしな話ではありますが、しばらくは Cygwin/MSYS2 のお世話になりそうです。


計測環境


  • CPU: Intel Core i5-3450 3.10 GHz

  • Windows 10 Home Insider Preview (Build 14352.rs1_release.160522-1930)


計測条件


  • Windows Defender の real-time protection をオフ

  • Windows Search サービスを停止

下記をデフォルトインストール後に計測。


  • Windows Subsystem for Linux (beta)

  • Cygwin (2.5.1, x86_64)

  • MSYS2 (20160205, x86_64)