Help us understand the problem. What is going on with this article?

Windows Subsystem for Linux の fork は速いのか

More than 3 years have passed since last update.

Windows10 で bash が動く!と話題になりましたね。
自宅の Windows にも Build 14352 のアップデートが掛かったので導入してみました。

概要については Windows Subsystem for Linux Overview の記事の画像がわかりやすいです。

で、fork は速いのか遅いのか

互換性やエコシステムの充実度も大事なのですが、個人的な使い勝手としては一番ここが大きいかなと。

bash で for i in {1..10000}; do date; done | uniq -c を実行。
出力の1行目と最終行は除外し、秒間に何回 date を呼び出せるかをざっくり計測してみました。

Platform \ Value mean median max min
Windows Subsystem for Linux 38.35 37 46 35
Cygwin 94.65 95 104 93
MSYS2 94.95 95 98 92

Windows Subsystem for Linux 遅いですね。
あくまでプレビューなので常用を考えること自体がおかしな話ではありますが、しばらくは Cygwin/MSYS2 のお世話になりそうです。

計測環境

  • CPU: Intel Core i5-3450 3.10 GHz
  • Windows 10 Home Insider Preview (Build 14352.rs1_release.160522-1930)

計測条件

  • Windows Defender の real-time protection をオフ
  • Windows Search サービスを停止

下記をデフォルトインストール後に計測。

  • Windows Subsystem for Linux (beta)
  • Cygwin (2.5.1, x86_64)
  • MSYS2 (20160205, x86_64)
relaido
動画広告プラットフォーム「relaido」を開発・運営するvideo ad tech company
https://relaido.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away