Help us understand the problem. What is going on with this article?

IPython notebookをリモート接続する

More than 3 years have passed since last update.

raspberry pi 上でIPythonを起動しておき、外部から接続して利用したい。
この機能を実現するための作業ログ。

ちなみに利用環境は次の通り。

$ python --version
Python 2.7.9
sudo apt-get install ipython ipython-notebook
sudo apt-get install python-matplotlib python-scipy
sudo apt-get install python-pandas python-sympy
ipython notebook

これでIPython自体のインストールが完了。
次に、外部から接続できる環境を構築する。

sudo pip install jupyter

JupyterのインストールはこれでOK。

外部接続環境用の設定ファイルを作成する。

はじめに、ipythonを起動してJupyterログイン時のパスワードを設定する。

$ ipython
In [1]: from notebook.auth import passwd

In [2]: passwd()
    Enter password: <パスワードを入力>
    Verify password: <パスワードを再入力>
    Out[2]: 'sha1:<ハッシュ化されたパスワード>'

ハッシュ化されたパスワードをコピーしておく。

次に、設定ファイルを作成する。

$ mkdir ~/.jupyter
$ vim ~/.jupyter/jupyter_notebook_config.py
~/.jupyter/jupyter_notebook_config.py
c = get_config()

# matplotlibで描画したものがnotebook上で表示できるようにする
c.IPKernelApp.pylab = 'inline'
# 全てのIPから接続を許可
c.NotebookApp.ip = '*'
# IPython notebookのログインパスワード
c.NotebookApp.password = 'sha1:<ハッシュ化されたパスワード>'
# 起動時にブラウザを起動させるかの設定(デフォルトは起動させる)
c.NotebookApp.open_browser = False
# ポート指定(デフォルトは8888)
c.NotebookApp.port = <接続ポート>

設定終了。
動作を確認する。

jupyter notebook

外部マシンのブラウザから http://<ipアドレス>:<接続ポート> に接続する。
パスワードを尋ねられるので、上で設定したパスワードを入力してログインする。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした