DevSummi
研修

新卒エンジニア研修ですべきことできること

More than 3 years have passed since last update.

本内容は、デブサミ2014の講演のメモです。
http://event.shoeisha.jp/devsumi/20140213/session/366/

新卒研修って?

教えることは無限にある
教えることを絞っても教えることが難しい

やれる範囲でやろう

でも、全然やれてない。やる前に投げている。

研修自体の問題を整理

  • 技術レベルが求める水準に達していない
    現場のエンジニアが直に教える
    工夫が大事
    諦めの連鎖を断ち切る

  • 研修でやってきた知識が現場で活きない
    知識技術は幅広で奥深い上に流動的
    特定のものに絞って教えるのはギャンブル
    特定の状況でしか役立たないものを排除
    基本を大事に
    むしろ、 理想を先に刷り込む

  • 現場で教える時間がない
    勝手に学ぶ習慣をつける
    観察眼、応用力を養う

技術や知識は、「水準・本質・応用力」の3本柱

自走できるエンジニア

4つのフェーズ

  • 座学
  • 企画
  • 設計
  • 実装

卒業は早抜け方式
早ければ2ヶ月、最長9月末まで

レビュー

各フェーズ各ステップ5〜7回を1回1時間
新卒と更新の1対1

大事なこと

  • 正しく論破する(納得させる)
  • 指摘の仕方や促し方を1人1人変える
  • 対面
  • レビューでの出来事や内容を記録

進捗と成長度合いに早めに気がつく

  • 進みに差がでる
  • 成長を促す手を打てる

計測第一
徹底したPDCAで、的確なアクションで学習を加速

フォローアップ

対象者に

  • 毎日or隔日で30分講師と1on1
  • プログラミングのハマり解消
  • 問題解決の手法トレーニング
  • 議論のトレーニング
  • 成長促進のための徹底した振り返り KPT

一人ひとり丁寧に
最終的に自信を付けさせる

フォローアップで、

  • 本質を見抜く力
  • 自分のたどった道のりを把握
  • 間違った道に入ったことを検知
  • ゴールまでの距離
  • 立ち向かう的を分断して立ち向かう

自分の弱いところと向き合う。これは辛い

http://www.slideshare.net/DaisukeTamada/perl-26371335