Help us understand the problem. What is going on with this article?

[JAWS-UG CLI] IoT #8 IoTダミーデバイスの構築&動作 (EC2)

More than 3 years have passed since last update.

ダミーデバイスとして動作するEC2上で作業します。

前提条件

IoTへの権限

AWS IoTに対してフル権限があること。

AWS CLIのバージョン

以下のバージョンで動作確認済

  • AWS CLI 1.11.2
コマンド
aws --version
結果(例)
      aws-cli/1.11.14 Python/2.7.10 Darwin/15.6.0 botocore/1.4.71

バージョンが古い場合は最新版に更新しましょう。

コマンド
sudo -H pip install -U awscli

0. 準備

0.1. リージョンの決定

構築するリージョンを決めます。 (カレントユーザが利用するカレントリージ
ョンも切り変わります。)

コマンド(東京リージョンの場合)
export AWS_DEFAULT_REGION='ap-northeast-1'

0.2. 変数の確認

プロファイルが想定のものになっていることを確認します。

コマンド
aws configure list
結果(例)
            Name                    Value             Type    Location
            ----                    -----             ----    --------
         profile         administrator-prjz-mbp13        env    AWS_DEFAULT_PROFILE
      access_key     ****************XXXX shared-credentials-file
      secret_key     ****************XXXX shared-credentials-file
          region                         ap-northeast-1  env    AWS_DEFAULT_REGION

AssumeRoleを利用している場合はprofileが ''と表示されます。 そ
れ以外のときにprofileが '' と表示される場合は、以下を実行して
ください。

変数の設定:

     export AWS_DEFAULT_PROFILE=<IAMユーザ名>

1. 事前作業

1.1. SDKのインストール

コマンド(EC2)
sudo pip install AWSIoTPythonSDK
結果(例)
      (略)
      Successfully installed AWSIoTPythonSDK-1.1.1

1.2. dummy デバイスのインストール

作業はログインしたディレクトリ /home/ec2-user で実行して下さい。 (
変更する場合はsetup.jsonでのCERT_PATHの設定が必要)

コマンド(EC2)
pwd
結果
      /home/ec2-user
コマンド(EC2)
wget http://bit.ly/2eP3uEl > dummy.zip
結果
      (略)
      2016-11-17 03:24:57 (125 MB/s) - `2eP3uEl' へ保存完了 [4208/4208]
コマンド(EC2)
mv 2eP3uEl dummy.zip \
        && unzip dummy.zip
結果
      Archive:  dummy.zip
         creating: dummy_python/
        inflating: dummy_python/.DS_Store
         creating: dummy_python/certs/
        inflating: dummy_python/certs/root.pem
        inflating: dummy_python/dummy.py
        inflating: dummy_python/setup.json
コマンド(EC2)
cd dummy_python \
        && ls
結果
      certs  dummy.py  setup.json

1.3. setup.jsonの編集

コマンド(EC2)
cp setup.json setup.json.origin

/home/ec2-user/dummy_python/setup.json:

  {
    "AWSIoT": {
      "ENDPOINT":"YOUR_DOMAIN.amazonaws.com",
      "CERT_PATH":"/home/ec2-user/Dummy_device/fake_device/certs/",
      "KEYS":["cert.pem", "private.pem", "root.pem"]
    },
    "DEVICE":{
      "NAME":"tmp01",
      "TOPIC":"/device/room01/tmp01"
    }
  }
  • YOUR_DOMAINをAWS IoTのエンドポイントURLに書き替えます。

  • CERT_PATHを下記の通り書き替えます。

    • (変更前): /home/ec2-user/Dummy_device/fake_device/certs/
    • (変更後): /home/ec2-user/dummy_python/certs/

'https://'の部分は不要です。

1.4. 証明書の設定

IoT環境構築時に取得した証明書と秘密鍵を
/home/ec2-user/dummy_python/certs/下に下記のファイル名で置きます。

  • 証明書(作成時の名称:handson-20161117.cert): cert.pem

  • 秘密鍵(作成時の名称:handson-20161117.pem): private.pem

コマンド(Local)
scp -i ${FILE_SSH_KEY} handson-20161117.cert ec2-user@${EC2_PUBLIC_IP}:/home/ec2-user/dummy_python/certs/cert.pem
コマンド(Local)
scp -i ${FILE_SSH_KEY} handson-20161117.pem ec2-user@${EC2_PUBLIC_IP}:/home/ec2-user/dummy_python/certs/private.pem

2. ダミーデバイスの実行

コマンド(EC2)
cd /home/ec2-user/dummy_python/
コマンド(EC2)
python dummy.py &
結果(例)
      start readConfig func
      Start MQTT init
      start Init MQTT func
      -------start connect--------
      Success:Connect to MsgBroker
      {"Tmp": 13, "TimeStamp": 1479360340720, "Name": "tmp01"}

S3のバケットにログファイルが書き込まれていることを確認します。

コマンド(Local)
aws s3 ls s3://${S3_BUCKET_NAME}/
結果(例)
      2016-11-17 19:26:15         56 handson-1479360373778

3. 事後作業

3.1. ダミーデバイスの停止

コマンド(EC2)
kill -9 $( ps -ef | grep dumm[y] | awk '{print $2}' )
結果
      [1]+  強制終了            python dummy.py
コマンド(EC2)
ps -ef | grep dumm[y]
結果
      (戻り値なし)

3.2. ログアウト

コマンド(EC2)
exit

完了

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away