Help us understand the problem. What is going on with this article?

[JAWS-UG CLI] IAM:#5 ポリシードキュメントの作成と適用 (ユーザベース)

More than 5 years have passed since last update.

http://jawsug-cli.doorkeeper.jp/events/14646 でのハンズオン資料です。

このハンズオンでは、AWSの管理者として、ユーザベース(IAM)のポリシードキュメントを作成して、IAMグループに適用する作業を行います。

IAMのハンズオンについては、下記も参考にしてください。

前提条件

  • IAMへのフルアクセス権限

1. ポリシードキュメントの作成

グループポリシーは、IAMポリシードキュメントの仕様に従って、JSON形式で記述します。

グループポリシーの設定は、適用対象となるIAMグループとJSONファイルを指定して行います。

コマンド
$ IAM_GROUP_FILE=group-policy.json
group-policy.json
(ポリシージェネレータで生成したものを貼り付けます。)

[注意] ブラケット({}や[])のインデント位置が開きと閉じで同じでない場合、下記のエラーが出るようです。

エラーメッセージ例
A client error (MalformedPolicyDocument) occurred when calling the PutGroupPolicy operation: The policy is not in the valid JSON format.

JSONファイルを作成したら、フォーマットが壊れてないか必ず確認します。

command
$ cat ${IAM_GROUP_FILE} | json_verify
result
JSON is valid

json_verifyでエラーが出たときはjsonlintでチェックします。

command
$ cat ${IAM_GROUP_FILE} | jsonlint

2. IAMグループの作成

ポリシーを適用するIAMグループを作成します。

2.1. IAMグループの作成

グループ名を決定します。

コマンド
$ IAM_GROUP_NAME=operators

グループを作成します。

コマンド
$ aws iam create-group --group-name ${IAM_GROUP_NAME}
結果(例)
   {
       "Group": {
           "Path": "/", 
           "CreateDate": "2014-09-07T08:52:09.308Z", 
           "GroupId": "AGPAI5KIHK7xxxxxxxxxx", 
           "Arn": "arn:aws:iam::XXXXXXXXXXXX:group/operators", 
           "GroupName": "operators"
       }
   }

2.2. IAMグループの一覧

作成したグループが存在することを確認します。

コマンド
$ aws iam list-groups
結果(例)
   {
       "Groups": [
           {
               "Path": "/", 
               "CreateDate": "2014-09-07T08:52:09Z", 
               "GroupId": "AGPAI5KIHK7xxxxxxxxxx", 
               "Arn": "arn:aws:iam::XXXXXXXXXXXX:group/operators", 
               "GroupName": "operators"
           }, 
           {
               "Path": "/", 
               "CreateDate": "2014-09-07T03:37:40Z", 
               "GroupId": "AGPAJYZGCT6xxxxxxxxxx", 
               "Arn": "arn:aws:iam::XXXXXXXXXXXX:group/admin", 
               "GroupName": "admin"
           }
       ]
   }

JSON形式では見辛いので、table形式でグループ名だけを表示してみましょう。

コマンド
$ aws iam list-groups --query 'Groups[].GroupName' --output table
result
   ---------------
   | ListGroups  |
   +-------------+
   |  operators  |
   |  admin      |
   +-------------+

2.3. IAMグループの詳細確認

get系コマンドでは、その対象の詳細情報を確認することができます。

コマンド
$ aws iam get-group --group-name ${IAM_GROUP_NAME}
結果(例)
   {
       "Group": {
           "Path": "/", 
           "CreateDate": "2014-09-07T08:52:09Z", 
           "GroupId": "AGPAI5KIHK7xxxxxxxxxx", 
           "Arn": "arn:aws:iam::XXXXXXXXXXXX:group/operators", 
           "GroupName": "operators"
       }, 
       "Users": []
   }

2.4. グループポリシーが未適用(初期状態)であることを確認

IAMグループは、作成直後はグループポリシーが空になっています。
(何の権限も持ちません。)

コマンド
$ aws iam list-group-policies --group-name ${IAM_GROUP_NAME}
結果(例)
   {
       "PolicyNames": []
   }

2.5. グループポリシーの適用

コマンド
$ aws iam put-group-policy --group-name ${IAM_GROUP_NAME} --policy-name "${IAM_GROUP_NAME}" --policy-document file://${IAM_GROUP_FILE}
結果
(戻り値なし)

2.6. グループポリシーの一覧

グループにポリシーが適用されたことを確認しましょう。

コマンド
$ aws iam list-group-policies --group-name ${IAM_GROUP_NAME}

2.7. グループポリシーの詳細確認

get系コマンドでは、その対象の詳細情報を確認することができます。

コマンド
$ aws iam get-group-policy --group-name ${IAM_GROUP_NAME} --policy-name ${IAM_GROUP_NAME}

以上で、IAMグループの作成と設定は完了です。

IAMユーザの作成、IAMグループへのIAMユーザの追加については、
http://qiita.com/tcsh/items/ce2e83430905587806a7
を参考にしてください。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした