Help us understand the problem. What is going on with this article?

Wercker | ビルド結果を Slack に通知する #wercker #slack

More than 5 years have passed since last update.

Wercker | ビルド結果を Slack に通知する

概要

Wercker のビルド結果を Slack に通知します

手順

wercker.yml の編集

  • after-steps: を追加する
box: wercker/ruby
build:
    steps:
        - bundle-install
    after-steps:
        - sherzberg/slack-notify:
            subdomain: sub_domain
            token: $SLACK_TOKEN
            username: wercker
            channel: "#wercker"
  • sub_domain に Slack のサブドメインを設定
  • username に 通知アカウントのユーザー名を設定
  • channel に 通知先の channel 名を設定 ※シャープが必要

Slack の Incoming WebHooks を追加

  • Slack にログイン
  • Integrations メニューを選択
  • Incoming WebHooks の Add を選択

wercker_slack0.png

  • Post to Channel に任意の Channel を設定
  • Webhook URL の末尾のトークンをクリップボードにコピーしておく
  • Save Settings を押下

Wercker の管理画面から環境変数 SLACK_TOKEN の設定

  • Wercker にログイン
  • Apps => Settings を開く
  • PIPELINE を追加
    • Environment variable を SLACK_TOKEN に設定
    • Text に Slack の Incoming WebHooks の設定時にコピーしておいたトークンをペースト
    • Protected にチェックをする

wercker_slack1.png

動作確認

  • 対象リポジトリを適当に編集して push
$ git push origin master
  • Slack の wercker Channel で結果の確認

wercker_slack2.png

  • 通知チャットメッセージ中の build リンクを押下すると、 Wercker の該当結果ページに移動

wercker_slack3.png

参照

wercker blog | Slack Notifications!

tbpgr
Rubyを扱う人事(研修開発、エンジニア採用) Learning Designer。 tbpgr の読み方は(てぃーびー) 個人ブログでも色々と情報を垂れ流してます。 http://tbpgr.hatenablog.com/
http://tbpgr.hatenablog.com/
studist
「伝えることを、もっと簡単に」をミッションにビジュアルSOPマネジメントプラットフォームのBtoB SaaS「Teachme Biz」を開発・運営するスタートアップ
https://medium.com/studist-dev
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away