Help us understand the problem. What is going on with this article?

esa.io で、 Markdown を使ってスライドショーを作成し、内部公開する #esa_io

More than 5 years have passed since last update.

:baby_chick: esa.io で、 Markdown を使ってスライドショーを作成し、内部公開する #esa_io

概要

:baby_chick: esa.io で超絶簡単にスライドショーを作成して、内部公開します

esa.io のスライドショーって?

esa.io では、作成した記事をそのままスライドショーとして利用できます。
つまり、 esa.io で Markdown の記事を書くだけでスライドショーを開発チーム内に公開できるのです。
実装の内部は、 reveal.js を利用しているそうです。

reveal.js は Markdown でスライドショーショーを作成、公開するための
小さなフレームワークです。
リポジトリはこちら。 reveal.js

reveal.js に関する設定など幾つかのフィーチャーについて、私のエントリでもまとめてありますので、
気になる方はこちらをどうぞ。

参考までに私が reveal.js で作成したスライドショーを下記に貼り付けておきます。
Qiita のエントリ数やストック数、フォロー数に応じて戦闘力を返却するジョークツールの紹介スライドです。( RubyGem )

esa.io も内部で reveal.js を利用しているということは、これと同等のことができるということです。

esa.io のスライドショーを試してみる

スライドショー向けの記事を作成

Markdown の記事を作成します。
各見出しがスライド1ページに割り当てられます。

  • 記事タイトル
:baby_chick:esa.io で超絶簡単にスライドショーを作成
  • 記事内容
## 目次
* :baby_chick:esa.io のスライドショーって?
* :baby_chick:esa.io のスライド作成方法
* :baby_chick:esa.io のスライドサンプル

## esa.io のスライドショーって?
:baby_chick:esa.io では、Markdown で作成した記事を  
そのままスライドショーとして利用できます。  

## esa.io のスライドショー作成方法
* Markdown で記事を作成する
* これだけ!

※内部では reveal.js を使っています

## esa.io のスライドショーサンプル
* esa.io の how to use の「チームメンバー追加・管理」をスライドショーでみてみる
* :link:[チームメンバー追加・管理](https://docs.esa.io/posts/13/slides#/)

※この記事はスライドショー向けではないので、見栄えは気にしない

## まとめ
* :baby_chick:esa.io ならスライドショー作成も楽々ですね

スライドショーの再生アイコンでスライドスタート

※アニメーションGIFの容量の都合上、画面を小さくしてます

esa_slide.gif

今後への期待

内部的に、 reveal.js を利用している、とのことなので
reveal.js が提供しているテンプレートやスライド効果種類なども、
将来的にカスタマイズ可能になるのではないか、と予想しています。
(あまり欲張らずにシンプルな機能のまま、という選択肢もありえますが)

関連

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした