Help us understand the problem. What is going on with this article?

DialogFlow v2 APIの使い方1 API実行に必要なアクセストークンをコマンドプロンプトで取得する方法

More than 1 year has passed since last update.

DialogFlowのv2のAPIを用いてテスト環境から本番環境へワンクリックデプロイのバッチなどを作成したので、皆様の役に立てばと思い記事を記述しています。

前提条件


・DialogFlowのプロジェクトが存在する。

本ドキュメントのゴール

APIを実行するために必要なアクセストークンをコマンドプロンプトで取得する。
そのために必要なものは以下の二つです。
1.API実行権限があるサービスアカウント(Jsonファイル)作成
2.DialogFlowをコマンドプロンプトから実行するためのSDK(GSDK)インストール
それぞれの取得方法についてみていきます。

1.API実行権限があるサービスアカウント(Jsonファイル)作成

1.dialogflowのagentの設定画面からService accountのメールアドレスリンクをクリック
Inkedapi権限設定1.jpg




2.サービスアカウントの作成をクリック
InkedInkedapi権限設定2.jpg




3.サービスアカウントをDialogFlow API管理者として作成(APIクライアントだとうまく動かない場合があるみたいです。
api権限設定3.png




4.キータイプJSONを指定し保存をクリック
api権限設定4.png




以上で、API実行権限があるサービスアカウント(Jsonファイル)作成完了です。

https://developers.google.com/identity/protocols/OAuth2

2.DialogFlowをコマンドプロンプトから実行するためのSDK(GSDK)インストール


コマンドプロンプトでDialogFlowと連携するためのgoogle cloud sdkをインストールします。



1.https://cloud.google.com/sdk/docs/?hl=jaにアクセスし、SDKのインストーラーを取得します。
gcloud設定2?.png




2.インストーラーの指示に従いインストールを実行します。
gcloud設定3.png



3.コマンドプロンプトが立ち上がるのでyを入力します。
gcloud設定8.png




4.ブラウザが立ち上がり、権限の許可を行います。
gcloud設定9.png




以上で基本的な設定は終わりです。



GOOGLE~APPLICATION_CREDENTIALSの環境変数にダウンロードしたJsonのパスを指定します。
そしてgcloud auth application-default print-access-token コマンドを実行することでアクセストークンが取得できます。
Inkedgcloud設定10_LI.jpg

私のブログにも同様の記事を記載しております。
http://itknowledgesince2015.com/2018/09/13/dialogflowapi-v2-%E5%88%A9%E7%94%A8%E6%BA%96%E5%82%99%E7%B7%A8%e3%80%80%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%B3%E3%82%92%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%97/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした