Node.js
Azure
BotFramework
チャットボット
QnAMaker

QnAMakerのPreviewが終わりGA(正規版)がアナウンスされたので要点をまとめる

概要

MicrosoftのAI(Cognitive)サービスの1つである、QnAMakerのPreview期間が終了し、正規版が公開されたので要点をまとめる。

TL;DR

  • QnAMakerはAzureサブスクリプション必須に。
  • QnAMakerの検索アルゴリズムは、Azure SearchのAnalyzerに依存するように。
  • QnAMakerのランタイムを動かす環境として、WebAppsが必須に。
  • メタデータなどの編集が可能に。

所感

  • 精度が出しづらいプレビュー版であったが、機能のシンプルさはいい意味で特筆すべき点だった。
  • しかし、GAにより仕組みが複雑化し、LUISやAzureSearchとの役割分けがますます混沌としてきた

引用元(2018年5月7日公開)

Announcing General Availability of QnAMaker
https://blog.botframework.com/2018/05/07/announcing-general-availability-of-qnamaker/

Learn about QnA Maker
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/cognitive-services/QnAMaker/overview/overview

ハイライト

QnAMakerは、AzureSearchのAnalyzerに依存するように

  • このページにしれっと書いてあるが、QnAMakerはAzureSearchのAnalyzerに依存するようになる。
QnA Maker depends on language analyzers in Azure search for providing results. Special re-ranking features are available for En-* languages that enable better relevance.

QnAMakerが、Azureのサブスクリプションと紐づく。

  • いままでは完全に独立したサービスだったが、Azureのサブスクリプションと紐づける契約形態になる。

課金制になる。

  • 課金はこちらとなっているが、まだ掲載されていない(2018/05/08 0:33現在)。
  • 実際はAzurePortalから選択できるこちらの価格になる。QnAMaker自体の価格と、AzureSearchの価格が適用される。
    • QnAMakerの価格
      image.png

    • AzureSearchの価格
      image.png

データプライバシーとコンプライアンスについて、Azureと同等のものが適用。

  • このSLAが担保される。セキュリティで足踏みしていた企業には朗報。

新しいポータル

  • 新QnAMakerポータルのURLAzurePortalでQnAMakerのリソースを作成した後にこのサイトにサインインすると、勝手にサービスが追加されている。

旧ポータル
image.png


新ポータル、洗練されている。LUISに見た目が近づいた。( 参考:https://docs.microsoft.com/en-us/azure/cognitive-services/QnAMaker/how-to/edit-knowledge-base )
image.png

image.png

スケーラブル

ログ

共有

  • 共有も可能。すべてIAMで管理されている。

スコアリングの考え方の変更

API 4.0のリリース

  • 従来よりAPIでのサービス操作がしやすいようになっている印象。

次回

本記事執筆時点では、QnAMakerの新ポータルで、なぜか新しいナレッジベースが作成できなかった。
なので、実際にナレッジベースを作成し、旧QnAMakerと比較しながら変更点や要点をまとめる。