Edited at

SublimeText2/3 環境設定とか(基本3)

More than 3 years have passed since last update.

環境壊しました。一から作ります。

あと最近使い方聞かれることが多いのでメモ的に。

初心者 Rubyist 向けです。

SublimeText3 で動作確認してます。


設定

Preferences -> Settings - User というところが設定ファイル。


設定

{

"color_scheme": "Packages/Theme - Flatland/Flatland Dark.tmTheme",
"draw_white_space": "all",
"ensure_newline_at_eof_on_save": true,
"flatland_square_tabs": true,
"font_size": 18,
"highlight_line": true,
"ignored_packages":
[
"Vintage"
],
"itg_small_tabs": true,
"tab_size": 2,
"theme": "Cobalt2.sublime-theme",
"translate_tabs_to_spaces": true,
"font_options" : ["gray_antialias"]
}

ちなみに設定ファイルは json っぽい感じなので、カンマの有無に気をつけましょう。最後はカンマつけたら怒られます。(sublime 3 は怒られません。やった!)

Preferences -> Settings - Default というのがデフォの設定なので、こいつを参考に User の方をいじるとよいでしょう。

これを読むとだいたいわかるとおもいます。

"Sublime Text 2 のDefault設定ファイルについて" https://gist.github.com/BlackKetchupTea512/3620658


メニューからの変更



  • View -> Hide Minimap


    • これは僕には邪魔なので消します。




メモ + 基本操作など


メニューバーの Help


  • インクリメンタルサーチしてくれて結構便利なので使いましょう。


検索



  • cmd + f : そのファイル内を検索


  • cmd + opt + f : そのファイル内を置換


  • cmd + shift + f : 全体検索 + 置換 ( Where に何も指定しないと、開いているプロジェクト全体になる)


ファイルを開く



  • cmd + t: いい感じにインクリメンタルサーチしてくれるので、たとえば controllers/hoges_controller.rb を開きたい場合、cont hoge などでいける。


操作



  • ctrl + 0 : サイドバーにフォーカスする


  • cmd + opt + 2 : 画面を左右分割する


  • cmd + opt + 1 : 画面を一つにする


PackageControll


インストール



  1. View ->Show Console すると画面の下の方にコンソールウィンドウが出るので、そこに↓のコードを貼り付けて Enter キーを押下。


インストールしたパッケージ


パッケージのインストール方法



  • Shift + Cmd + p で表示されるランチャー?から、Package Controll: Install Packag を選択して Enter を押下。(インクリメンタルサーチしてくれるので pac ins などと打つとみつけやすいと思います。)

  • パッケージリストをインクリメンタルサーチしてくれるので気になる単語(git とか ruby とかで探しましょう。)

  • オススメプラグインなどググると出てくるので参考にしましょう。

  • 基本 PackageControll から名前で検索してインスールできるかと。


★★★ Flatland


★★★ cobalt2


  • wesbos/cobalt2

  • サイドバーアイコンが使えて便利!

  • Preferences → Settings - User で↓を設定

"color_scheme": "Packages/Theme - Cobalt2/cobalt2.tmTheme",

"theme": "Cobalt2.sublime-theme",


SideBarEnhancements


★★★ GitGutter


★★★ TrailingSpaces


★★★ Rails-Latest-Migration


Gist


  • Gist と連携できて便利!

  • https://github.com/condemil/Gist

  • github で token を発行し、Sublime の Gist.sublime-setting に設定が必要。この設定ファイルは↓の操作とか Gist の機能を使おうとすると表示される。github token 発行は https://github.com/condemil/Gist#web のあたりを読もう


  • cmd + shift + pgist: って打つとメニューがでてくるので、open gist とか選ぶと、自分の gist をファイル単位で開くことができる。

  • まあ、gist は web から開いてコピペすればいいので、別になくても困りませんね


★★★ Linter 系


  • 入れておくとリアルタイムにシンタックスエラーとかがわかって便利!

  • SublimeLinter

  • SublimeLinter-ruby


    • 日本語でエラーになる場合は、Package Settings -> SublimeLinter -> Settings User から args に "-Ku" を追加



            "ruby": {

"@disable": false,
"args": ["-Ku"],
"excludes": []
}


  • SublimeLinter-haml

  • SublimeLinter-json

  • SublimeLinter-jshint

  • SublimeLinter-coffeelint

  • SublimeLinter-rubocop


Snipets 系


  • Ruby とか Rails とかで Package 調べるといろいろある。

  • 必要になったらいれて、コレ更新しよう。


★ sass-textmate-bundle


★★★ SyncedSideBar


★★★ sublime-text-2-git


Tag


★★★ RubyTest


  • Rails の実装とテストが cmd + . で切り替えられて便利!

  • https://github.com/maltize/sublime-text-2-ruby-tests

  • あとカーソル行や開いてるファイルのテストが実行できたりなど便利!

  • RubyTest.sublime-settings に下記のようなのを環境に合わせて設定を追加して cmd + shift + r で実行

{ # 詳しくは README を

"check_for_bundler": true,
"check_for_rbenv": true
}


BeautyRuby


SublimeRailsNavigator

$ cd ~

$ git clone https://github.com/noklesta/SublimeRailsNav.git
$ git chechout ST3
$ mv SublimeRailsNav ~/Library/Application\ Support/Sublime\ Text\ 3/Packages


  • 設定



    • Preference -> PackageSettings -> Key Bindings - User から以下のような感じに



[

// SublimeRailsNav
{ "keys": ["super+ctrl+m"], "command": "list_rails_models" },
{ "keys": ["super+ctrl+c"], "command": "list_rails_controllers" },
{ "keys": ["super+ctrl+v"], "command": "list_rails_views" },
{ "keys": ["super+ctrl+h"], "command": "list_rails_helpers" },
{ "keys": ["super+ctrl+x"], "command": "list_rails_fixtures" },
{ "keys": ["super+ctrl+t"], "command": "list_rails_tests" },
{ "keys": ["super+ctrl+i"], "command": "list_rails_javascripts" },
{ "keys": ["super+ctrl+y"], "command": "list_rails_stylesheets" }
]


SublimeSuperNavigator


  • https://github.com/jugyo/SublimeSuperNavigator

  • カレント行をナビゲートしてくれて便利!

  • 設定



    • Preference -> PackageSettings -> Key Bindings - User から以下のような感じに(ひとまず ctrl + s にしてみました)



[

// SublimeSuperNavigator
{ "keys": ["ctrl+s"], "command": "super_navigate" },
]


RecentActiveFiles


  • https://github.com/jugyo/SublimeRecentActiveFiles

  • 最近触ったファイルにアクセスしやすくて便利!



  • 設定



    • Preference -> PackageSettings -> Key Bindings - User から以下のような感じに(ひとまず ctrl + r にしてみました)



[

// RecentActiveFiles
{ "keys": ["ctrl+r"], "command": "recent_active_files" },
]


★★★ BetterCoffeeScript


Emmet


SublimeHtml2Haml


Diffy

[

{ "keys": ["super+k", "super+d"], "command": "diffy" }
{ "keys": ["super+k", "super+c"], "command": "diffy", "args": {"action": "clear"} }
]


★★★ CTags


  • SublimeText/CTags

  • メソッド定義場所に飛べたり戻れたりして便利


  • brew install ctags で ctags をインストール

  • Ctags の設定ファイル(Preferences -> Package Setting -> Ctags -> Setting – User)

{

"command": "/usr/local/bin/ctags -R -f .tags",
}


  • プロジェクトを右クリックして、CTags: Rebuild Tags


★★ DashDoc


Syntax ハイライトの設定


  • (だいたいプラグイン入れれば自動で設定された気がするんだけど) coffee とか sass とかならないものがあった。毎回 Syntax ハイライトの設定するのも面倒。

  • 対象のファイルを開いた状態で View -> Syntax -> Open all with current extension as … から設定したい Syntax を選択。するとその設定が保存され、次からその拡張子には設定した Syntax ハイライトがつく


ターミナルからの起動をらくにしよう


  • ターミナルから、SublimeText で、そのディレクトリ配下を開く、みたいなことができるととてもらくなので↓の設定などをしてみるとらくです。

  • "ターミナルからSublime Text 2を起動するための設定 | DevAchieve" http://wada811.blogspot.com/2013/01/setting-sublime-text-2-alias.html

  • ちなみに僕は s に割り振ってます。