Help us understand the problem. What is going on with this article?

Railsの開発環境でサブドメインをテストする

概要

Railsではデフォルトではlocalhost:3000で開発環境にアクセスできますが、
ルーティングをサブドメインで切り替えるテストをしたいなと思った時にハマったので、解決策を示します。

ルーティング

routes.rb
# hostがexample.comの時だけアクセスさせたい
constraints host: example.com do
  get 'top', to: 'top#index'
end

新しいドメインを追加する

OSがmacまたはlinuxの場合は、/etcディレクトリに、windowsの場合はC:\Windows\System32\driversに存在するhostsファイルに新しいドメインを追加します。

hosts
127.0.0.1   localhost   example.com

これで、127.0.0.1というIPアドレスにlocalhostとexample.comというホスト名を設定できました。

Blacked Hostsの設定

Rails6を使用している場合は、アクセス可能なホストにexample.comを追加しましょう。
Blacked HostsはRails6の新機能で、ブラウザがRailsアプリケーションにアクセスする際に使用できるホスト名を制限するためのものです。
デフォルトでlocalhostのみが許可されています。

config/initializers/blocked_hosts.rb
Rails.application.configure do
  config.hosts << "example.com"
end

これで、以下サブドメインにアクセスすることができます。
http://example.com:3000/top

おまけ

ちなみに、blocked_hostsを追加するとrspecが通らなくなるので、rpsec用のホストを追加します。

test_spec.rb
Spec.describe "Admin::StaffMembers", type: :request do
  p admin_staff_members_url
end

結果:
"http://www.example.com/admin/staff_members"

rspecではホストがwww.example.comでアクセスしているようなので、blocked_hostsにwww.example.comを追加します。

config/initializers/blocked_hosts.rb
Rails.application.configure do
  config.hosts << "example.com"
  # rspecが通らないので、以下ホストを追加
  config.hosts << "www.example.com"
end

これで、テストが通るようになります。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした