Rails
AWS
Redmine
EC2

5分でできる!? AMIをつかってEC2にredmineを作成しよう!

はじめに

InfratopAdventCalendarの2日目を担当します。@tatsukichiです。

それではやっていきます

皆さんはタスク管理にどのようなツールを使っていますか?
今回は、自分で立てたEC2インスタンスに
Railsで作成されているredmineを使ってタスク管理をしていきましょうというエントリーです。

個人で使うのもよし。チームで使うのもよし。
数多くのプラグインがあるredmineを使って、自分のタスクスタイルにあった管理ツールをAWSのサービスEC2を使って5分で作成していきましょう!
※今回は、redmineを作成し管理ユーザでログインするまでをゴールとしています。

手順

行うことは大きく3つだけ。
- AMIを使ってインスタンスを作成
- アクセスしてみる
- 管理ユーザでログインしてみる

AMIを使ってインスタンスを作成

AMIを使用し、インスタンスを作成するにあたり簡単に解説を挟んでいますが、必要なければ読み飛ばしてください。

AMIとは

そもそもAMIとは、Amazon Machine Imageのそれぞれの頭文字をとった名前です。
- OS
- アプリケーションサーバ
- アプリケーション
- etc.
これらの情報をひとまとめにしたEC2のテンプレートのようなものです。

AMIは、redmineのように既に存在しているものもありますが、オリジナルで作成することも可能です。
例えば、インスタンスを複製したいときなどにAMIを使用することで容易にインスタンスのコピーを作成することができます。

AMIの中には有料のものも存在しますが、redmineの使用量は無料となってます。

インスタンスの作成

それでは早速、redmineのAMIを使用してEC2インスタンスを作成していきましょう。

まずは、インスタンスを作成する画面でAMIを選択していきます。
1. AWS Marketplaceを選択します
AWS MarketplaceはAWSが用意したAMIが表示されます。
2. 「redmine」と検索します。
3. Bitnamiのredmineを選択します。
AMI.png

次に、インスタンスタイプを選択します。
redmineの使用人数等にもよりますが、今回は無料枠でも使用可能なt2.microを使用していきます。

以下の部分を選択します。
t2_micro.png

ここまでできたら、確認と作成をクリックしインスタンスを作成します。

鍵はもちろん、既存のものでも新しく作成しても問題ありません。

アクセスしてみる

それではインスタンスが作成されましたら、パブリックIPにアクセスしてみましょう。

スクリーンショット 2018-12-01 22.46.23.png

あれ、もうできた。

そうです。
たったこれだけであなただけのredmineが作成できました。
さて、何分かかりましたか?

管理ユーザでログインしてみる

ここまでは誰でもできてしまいそうな内容ですが、ここからは知らないと苦労しますので
一緒にやってみましょう。

redmineは動いているみたいだけど。。。
そうです。ログインできないんです。

ログインするには以下の手順でパスワードを見つける必要があります。
1. EC2インスタンス起動時のシステムログをみる
sys_log.png
2. 管理ユーザのパスワードをみつける
pass.png

以下の情報を入力してログインしてみましょう。

ログインID : user
パスワード : [白塗りの部分]
login.png

最後に

これで今回作成したredmineはあなたのものになりました。
便利なプラグインやイケてるテーマなどもありますので、好みにあったものを使用して楽しんでみてください。

ありがとうございました。