0
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

拡張機能を無効化しても重いVS Codeを軽かった頃に戻す方法

概要

長いことバージョンアップを繰り返しながらVS Codeを使ってきて、最近、小さなテキストファイルですら開くのに5秒かかるとか、やたらと重くなっていた。
拡張機能の起動数を減らしてもダメ、再インストールしてもダメ。
で、それの根本解決したときのメモ。
OSはWin10です。

手順

1. 設定を退避

[ユーザーのフォルダー]¥AppData¥Roaming¥Code¥User¥settings.json
をどこかにコピーして退避。

2. アンインストール

普通にアプリ一覧からアンインストール

3. ユーザーデータを削除

[ユーザーのフォルダー]¥AppData¥Roaming¥Code
をゴミ箱にポイ
(念のため、Roamingフォルダにあった、Visual Studio Codeフォルダも捨てました。中身は短いログ一個だけだったので、特に影響無いと思う。)

4. 再インストール

公式からダウンロードしてきて、普通にインストールして起動

5. 症状が収まった事を確認し設定を戻す

テキストファイル開いてみて、直ってるのを確認。
いったんVS Codeを閉じて、元の設定ファイルで上書き → 再度起動

なぜかこれで、元々使ってた拡張機能も勝手にインストールされてました。
「4」で起動する前に、退避してた設定ファイルを上書きしても、大丈夫だと思います。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
0
Help us understand the problem. What are the problem?