search
LoginSignup
56

More than 5 years have passed since last update.

posted at

Pageオブジェクトパターン Selenideのお作法

以下記事の続きです。

Selenide~Javaで超簡単・簡潔にUIテストを書く~
http://qiita.com/tatesuke/items/589e30ab9b3dc7037e26

SelenideではPageオブジェクトパターンを利用することを薦められているようです。
なんだか仰々しい感じがしますが、

1つのページを1つのオブジェクトとして表現しよう

ということです。つまり

/* 検索ページ */
open("/login");
//"selenide"で検索
$(By.name("q")).setValue("selenide").pressEnter(); 

/* 検索結果ページ */
// 検索結果が10件あること
$$("#ires li.g").shouldHave(size(10));
// 先頭の結果がSelenideのページであること。
$$("#ires li.g").get(0).shouldHave(text("Selenide: Concise UI Tests in Java"));

のようにテストコードでロケータを使うのではなく、

// テストコード
GoogleSearchPage searchPage = open("/login", GoogleSearchPage.class);
GoogleResultsPage resultsPage = searchPage.search("selenide");
resultsPage.results().shouldHave(size(10));
resultsPage.results().get(0).shouldHave(text("Selenide: Concise UI Tests in Java"));

-------

// 検索ページのPageオブジェクト
public class GoogleSearchPage {
  public GoogleResultsPage search(String query) {
    $(By.name("q")).setValue(query).pressEnter();
    return page(GoogleResultsPage.class);
  }
}

// 検索結果ページのPageオブジェクト
public class GoogleResultsPage {
  public ElementsCollection results() {
    return $$("#ires li.g");
  }
}

のように、ページごとにオブジェクトを作り、そのオブジェクト経由でテストを実施しましょうということです。

見ての通りPageオブジェクトは単なるPOJOで、openメソッドの第二引数にclassを渡して生成します。

これの利点は以下です。

  • テストコードからロケータが消える
    →ページの構造や処理をPageオブジェクトに隠す(カプセル化)ことでテストコードはテストに専念できる
  • Pageオブジェクトを複数テストで使いまわすことができる。

SelenideのPageオブジェクトサポート

フィールドが多いフォームだと、Pageオブジェクトのなかで大量のロケータを記述する必要がでてきます。

そこでSelenideでは、以下のように@FindByアノテーションを使ってフィールドを宣言するだけでPageオブジェクトとHTMLのフィールドを関連付けることができるようになっています。

public class GoogleSearchPage {
  @FindBy(how = How.NAME, using = "q")
  private SelenideElement searchBox;

  public GoogleResultsPage search(String query) {
    searchBox.setValue(query).pressEnter();
    return page(GoogleResultsPage.class);
  }
}

public class GoogleResultsPage {
  @FindBy(how = How.CSS, using = "#ires li.g")
  public ElementsCollection results;
}

当然ながら単純にnewをしてしまっては関連付けはされません。openメソッドやpageメソッド経由でインスタンス化してください。

まとめ

Pageオブジェクトをつかってテストコードからセレクタを追い出しましょう。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
56