Java
spring
gradle

Spring+Gradleの開発環境を構築する(Mac)

More than 3 years have passed since last update.

Spring+Gradleの開発環境の構築手順をまとめました。


インストールの流れ


  • Javaがインストールされていない場合は先にインストールしておきます。

  • STS(Spring Tool Suite)をインストールし、日本語化を行います。

  • MavenではなくGradleを使用したいため、Gradleをインストールします。

  • STSにGradleプラグインをインストールします。


STSのインストール

STSはEclipseをSpring開発用にカスタマイズしたものです。


  1. 以下のサイトよりSTSをダウンロードします。tar.gz形式のファイルがダウンロードされます(執筆時のバージョンは3.7.0)。

    https://spring.io/tools/sts


  2. ダウンロードしたファイルを解凍し、解凍したフォルダ内のSTSをアプリケーションフォルダへ移動します。



日本語化

Pleiadesプラグインを使用します。


  1. 以下のサイトよりPleiadesプラグインをダウンロードします。zip形式のファイルがダウンロードされます(執筆時のバージョンは1.6.0)。

    http://mergedoc.osdn.jp/


  2. zip内のflugin,fueturesをSTSパッケージ内の「/Contents/Eclipse/」配下にコピーします。


  3. STSパッケージ内の「/Contents/Eclipse/STS.ini」の最終行に以下の記述を追加します。



STS.ini

-javaagent:../Eclipse/plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar



Gradleのインストール


GVMのインストール

Groovy系のインストール、バージョン管理ツールであるGVMをインストールします。


  1. 以下のコマンドを実行します。

curl -s get.gvmtool.net | bash

source "/Users/tasukujp/.gvm/bin/gvm-init.sh"


Gradleのインストール

Gradleをインストールします。


  1. 以下のコマンドを実行します。

gvm install gradle


Gradle Pluginのインストール


  1. STSのヘルプから[Eclipseマーケットプレイス]を開き、Gradleで検索、[Gradle IDE Pack]を選択してインストールします(執筆時のバージョンは3.6.x+0.17)。


9/17追記

Gradle IDE PackにはGradleが含まれるようです。

インストールしたGradleを使用するためには STSの[環境設定]を開き、[Gradle]の[Gradle ディストリビューション]に"/Users/ユーザ名/.gvm/gradle/current"を設定する必要があります。