Help us understand the problem. What is going on with this article?

Rust Tutorial めも 4章 4.5-4.6

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

はじめまして、task4233です。
これはあくまでメモなので、基本的にググってわかるようなことは詳しく書きません。
よろしくお願いします。

なお、以下のプログラムでは面倒なのでfn main() {}を省略することがあります。
ご承知おきください。

おさらい

前回は4章の4.3-4.4に目を通して、以下のことを学びました。

  • プリミティブ型の種類と基本的な使用法
  • コメントの種類とその活用法

以下のリンクで参照できます。
https://qiita.com/task4233/items/50b536e42b0ad0cc7589

4. シンタックスとセマンティクス

Rustをボトムアップで学びたいなら、この章を順番に読んでいくのが近道です。

だそうです。

4.5. if

目的
Rustにおけるif文の使い方を知り、扱えるようになること。

if

メモなので深くは書きません。
書き方の例のみ残しておきます。

let x = 5; // x: i32

if x == 5 {
  println!("x is 5.");
} else if x == 6 {
  println!("x is 6.");
} else {
  println!("x is not (5 or 6).");
}

さらに代入として、以下のようにも書けます。

let x = 5; // x: i32

let y = if x == 5 { 10 } else { 15 }; // y: i32

let z = if x == 6 { 10 }; // z: i32 // elseのないifでは()が返されるのでコンパイルエラー

println!("{}", x); // 5
println!("{}", x); // 10

シャドーイングにより、異なる型の再束縛も可能。

let x = 5; // x: i32

let y = if x == 5 { 10.5 } else { 15.5 }; // y: i32

let z = if x == 5 { 10.5 } else { 15 } // 型が統一されていないのでコンパイルエラー

println!("{}", x); // 5
println!("{}", y); // 10.5
}
まとめ
基本的には他の言語と同じような扱いです。
ただし、返り値を意識して書かないとエラーが出ます。

4.6. ループ

Rustの3種類のループを知り、基本的な使用ができるようになること。

Rustにはループとして、loop, while, forの3種類があります。

順を追って説明します。

loop

loopは無限ループをします。
何らかの終了状態に到達するまで永遠とループし続ける手段を提供します。
以下のコードはloopを利用して8回だけループします。

fn main() {
  let mut i: i32 = 0;
  loop {
  if i == 8 { return; }
    println!("count is: {}", i);
    i = i + 1;
  }
}
/* [output]
count is: 0
count is: 1
count is: 2
count is: 3
count is: 4
count is: 5
count is: 6
count is: 7
*/

while

他の言語でも存在しているので、軽く書きます。

以下は、初項8で公差3の数列について、5で割り切れた時にループを抜けるコードです。

let mut i = 5; // mut x:i32
let mut done = false; // mut done: bool

while !done {
  x += 3;

  println!("{}", x);

  if x % 5 == 0 {
    done = true;
  }
}

/*
[output]
8
11
14
17
20
*/

for

Rustのforループは以下のように書きます。
ここで、ループする変数はlet mutなどと宣言する必要はありません。

for x in 0..10 {
  println!("{}", x); //x: i32
}
/*
[output]
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
*/
}

以上の3種類のループにおいて、
while true:のようなループを書きたい時はloop
特定の条件を満たしている時に反復したい時はwhile
特定の範囲でループをしたい時はforを使うと良いと思います。

ただし、速度でいうとwhile

基本的にはforを使用するのが安全な気がします。
オーダも安定しますしね。

列挙

ループの中で何回めの繰り返しかを把握するときには、以下のように.enumerate()関数を利用できます。
レンジ(5..10)を括弧で括ることを忘れないように注意。

for (i, j) in (5..10).rnumerate() {
  println!("i = {} and j = {}", i, j);
}
/*
[output]
i = 0 and j = 5
i = 1 and j = 6
i = 2 and j = 7
i = 3 and j = 8
i = 4 and j = 9
*/

イテレータを対象に列挙

.lines()を使用して行ごとに分けたものについても、以下のように列挙可能です。

let lines = "hello\nworld".lines();

for (linenumber, line) in lines.enumerate() {
  println!("{}: {}", linenumber, line);
}

/*
[output]
0: hello
1: world
*/

反復の早期終了

他言語でも使用されているbreakおよびcontinueです。
説明は割愛します。

ループラベル

先ほどのbreakおよびcontinueについて、飛ぶ先を指定します。
以下のコードはxが偶数の時のみ表示します。

'outer: for x in 0..10 {
  if x % 2 == 1 {continue 'outer; }
  println!("x: {}", x);
  }
}
/*
[output]
x: 0
x: 2
x: 4
x: 6
x: 8
まとめ
Rustにおけるループは、
・loop
・while
・for
の3種類。

loopとwhileは無限ループになりやすいため、しっかりと条件を設定すること。

おわりに

4章4.5-4.6では大まかに以下の2つが書かれていました。

  • if-else, else ifの使い方とその仕様
  • loop, while, forの3種類のループとそのオプション

無限ループは恐ろしいので、loopはあまり使いたくないです……
loopは結局のところ条件で抜けるので、whileで十分であると考えます。

さきほどscivolaさんにお教えいただいたのですが、Rustドキュメントの2版がリリースされていたようです……

Web版: https://doc.rust-jp.rs/book/second-edition/

PDF版: https://y-yu.github.io/trpl-2nd-pdf/book.pdf

明らかにそちらのドキュメントの方が分かりやすいので、メモを書く意義を見失いかけています……

今後のメモは書くことが少なくなるかもしれません……

とにかく次は、所有権、参照と借用を見ようと思います。

task4233
競プロ(AtCoder:task4233) | CTF | VuePress(Vue.js) | Golang | FE | AP | DB | seccamp2019 A | GitHub: https://github.com/task4233
https://task4233.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした