Help us understand the problem. What is going on with this article?

Firebase Meetup #11 Meetup内容まとめ

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Firebaseコミュニティ Firebase Japan User Group(FJUG)の2019/2/18に開催されたMeetup内容のまとめです。

LT

Firestore rulesの運用とLocal Emulatorを使ったテスト

スピーカー

  • Ginco

内容

  • FirebaseDatabaseの62%が漏洩
  • そこで、Firestoreのセキュリティ基礎
    • クライアントから直接アクセスできる
    • アクセスはAPIキーが必要
    • だれでもアクセスできるからrulesを整理
    • rules
      • read/ write権限
      • データのバリデーション
      • 漏洩しないためのrules設定 - 機密データは別階層にしてrules設定を厳しく
      • ワイルドカードでのrules設定できるが多用しないほうが良い
  • Ginco
    • リリース中期でrulesが300件こえて管理困難に
  • rulesのテスト方法
    • ClientSDKだけrulesが適用される
    • テストProjectを使った方法
      • あまり良くなかったそう
  • 現在はFirestore Local Emulator でテストしてる
    • 認証、未認証アカウント、Adminアカウントを簡単に利用可能
    • テストデータの競合しない、truncateしなくていい
      • プロジェクトIDかえればまっさらな状態にできる
    • テスト実行時間が1/8に削減できた

資料

Firestore東京リージョン利用に伴う Firebaseプロジェクト移行手順

スピーカー

内容

  • アルで現在移行作業中
  • 100回程度のgetベンチマーク
    • us-centralは平均200ms
    • 東京リージョンだと平均100ms
  • firestoreのデフォルトリージョンはus-central(β以前のプロジェクトは全部この状態)
    • firebaseは1プロジェクト1firestoreなのでリージョン変更は作り直さないといけない
  • Firebase AuthenticationはInport/Exportできるので新プロジェクトでも同じユーザにできる
    • 匿名ユーザはログイン状態が引き継がれないためデータが消えてしまう
    • 旧Firestore -> GCSにデータをExport ー>GCS ー>新Firestoreに
  • ロンチ後だとデータ整合性担保するためにメンテナンス入れて移行が現実的 #### 資料
  • https://speakerdeck.com/vexus2/alu-firestore-number-aru

Firestore x React Hooks

スピーカー

  • Mamoru Amano

内容

  • ReactHooks
    • React16.8から導入されたFunctionComponentの新しいAPI
    • componentのstateをfunctionで管理

資料

  • 未公開

firebase × Vueと開発速度

スピーカー

  • k-okina

内容

  • firebaseつかってインフラ、バックエンドのリソース余裕できた分、フロントに力入れよう
  • Firebase が時間を生んでくれたおかげで堅牢な設計や凝った UI ができた
  • pring.ts + vue.jsで開発すると開発速度上がりそう
  • firebaseはいい感じにcacheしてくれて状態管理で困らない
  • 次はElm + Firebase構成を使いたい。
    • ElmはReduxやVuexなどに影響を与えた言語なので最高なのでは?
  • firestoreのちょいテク
    • 分散カウンタ
      • 同一ドキュメントの更新は1秒に1回の制限がある
      • 多重いいねやCloudfunctionの多重実行対策にサブコレクションで保持する #### 資料
  • https://slides.com/kahirokunn/deck-11#/

FirestoreのセキュリティルールをCircleCIでCIする

スピーカー

  • ninjinkun

内容

  • 個人開発したBlogFeedbackアプリ
    • PWAで開発してる
    • Firestoreはセキュリティルールが命
    • セキュリティルールをCIしたい
      • データ構造修正のたびにセキュリティルール更新が発生する
      • 更新のたびにルールが正しいか保証したい
      • そこでLocal Emulator
      • circleciでやってる
        • cloud fanctionをcircleciでデプロイする場合、nodeのバージョンがちがうと動作しないので注意
      • firebase-tools > 6.1.1問題
        • circleciでのエミュレーター起動で落ちる
        • 原因;エミュレーターがIPv6アドレスにバインドするように変更されてた
          • cicleciではIPv6がサポートされてない
            • Jarを直接起動することで解決
              • Jar直接起動だとHostが上書きできるのでIPv4に書き換えれる #### 資料
  • https://ninjinkun.hatenablog.com/entry/cloud-firestore-circleci

FirebaseとJIRAで進めるクラッシュ管理

スピーカー

  • 株式会社ナビタイムジャパン 向井さん

内容

  • firebaseのCrashlytics
    • JIRAとの連携
      • CrashlyticsのissueからJIRAチケットを作ることができる
      • Firebaseとの統合からJIRAを選択する必要あり
  • ナビタイムさんでの運用
    • Crash対応に集中する時間を設けている
    • スプリントとチケットにより運用に乗せている #### 資料
  • 未公開
tarumzu
Android/Ruby/Docker/AWS/Vim
https://tarumzu.github.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away