Edited at

CentOS5.3のOpensshアップグレード

More than 1 year has passed since last update.

突如古いサーバ(centos5.3)からGitPullできなくなり、Opensshをアップグレードしなければならなくなったので、その時のメモです。

原因は下記

https://githubengineering.com/crypto-removal-notice/

対処方法としては、openssh4.3を6.5にリプレイスする

yum clean all

yum install rpm-build gcc make openssl-devel pkgconfig krb5-libs krb5-devel pam-devel man
wget http://mirror.aarnet.edu.au/pub/OpenBSD/OpenSSH/portable/openssh-6.5p1.tar.gz
tar zxvf openssh-6.5p1.tar.gz
cp ./openssh-6.5p1/contrib/redhat/openssh.spec /usr/src/redhat/SPECS/
cp openssh-6.5p1.tar.gz /usr/src/redhat/SOURCES/

vi /usr/src/redhat/SPECS/openssh.spec
------------------------------------------------------
# Do we want to disable building of x11-askpass? (1=yes 0=no)
%define no_x11_askpass 1

# Do we want to disable building of gnome-askpass? (1=yes 0=no)
%define no_gnome_askpass 1
------------------------------------------------------

cd /usr/src/redhat/SPECS
rpmbuild -bb openssh.spec
# ここでエラーになる場合はspecファイルに記載されている依存パッケージをyumでインストールするといいかも

cd /usr/src/redhat/RPMS/x86_64/
ls -l
-rw-r--r-- 1 root root 616088 3月 5 15:29 openssh-6.5p1-1.x86_64.rpm
-rw-r--r-- 1 root root 808511 3月 5 15:29 openssh-clients-6.5p1-1.x86_64.rpm
-rw-r--r-- 1 root root 16795 3月 5 15:29 openssh-debuginfo-6.5p1-1.x86_64.rpm
-rw-r--r-- 1 root root 422547 3月 5 15:29 openssh-server-6.5p1-1.x86_64.rpm

rpm -Uvh *.rpm

上記でアップグレードするが、最後の rpm -Uvh *.rpm で下記のエラーが出てしまった。

rpm -Uvh *.rpm

エラー: 依存性の欠如:
openssh = 4.3p2-36.el5 は (インストール済み)openssh-askpass-4.3p2-36.el5.x86_64 に必要とされています

恐らく、openssh4.3を6.5にリプレイスする際に、openssh-askpass4.3がopenssh4.3を参照しているからリプレイスできないのでは?と考えました(合っているかどうかは分かりませんが)。

因みにインストールする順番を変えても同じようにエラーがでてしまいます。

で、色々悩んだ結果、私の場合 rpm -Uvh --nodeps *.rpm で解決しました。

--nodeps依存関係を無視 です。