Edited at

DOS(NYAOS+Console2)でssh-agentを起動するバッチ

More than 5 years have passed since last update.


作成動機


  • NYAOS(DOS)上でGit for Windowsのssh-agentを実行すると環境変数が上手く登録されず動作しないので、動くようにしてみた。


置き場:https://github.com/tarVolcano/ssh-a_bat


使い方


  • NYAOS+Console2:cmdsource "ssh-a.bat"を実行。(_nyaファイルでaliasを指定して、ついでに実行すると良い)


  • DOS:ssh-a.batを実行


※バッチ実行後、ssh -T git@github.comなどで接続確認してください。


バッチの目的



  • DOSまたは、NYAOS+Console2でssh-agentを起動する。


    • ssh-agentで使う環境変数を"バッチファイル名_env.log"に記録、プロンプト起動時に変数が不足していたら再setする。

    • ssh-agentを重複起動しないようにする。もし、制御できない(環境変数の記録がない)プロセスがあればkillする。




  • ssh-add -l で一つも鍵が登録されてなければ、ssh-addも実行する。


    • 一つでも登録されていればssh-addは行わない。




事前準備


  • git\binのパスが通っている(msys のコマンドを使うので)

  • 環境変数HOMEが設定されている

  • %HOME%.sshのconfigファイルが設定されている


環境


  • Git for Windows v1.8.4

  • NYAOS 3.3.8_2

  • Console2 2.00.148

  • Windows XP Pro SP3