Posted at

vagrant-berkshelfでRictyフォントを自動生成する

More than 5 years have passed since last update.

プログラミング/開発に適したRictyフォントを自動生成するvagrant環境を作ってみました。


そのまま使うと、生成するRictyフォントは、私の好みで「全角スペースを可視化しない(-z)」オプションがついています。

全角スペースを可視化したい場合は、後述の使い方欄を参考にしてください。

Rictyについてはこちらを参考にしてください。


前準備



  • VirtualBoxのインストール




  • Vagrantのインストール




  • vagrant-berkshelfとvagrant-omnibusプラグインのインストール


    • 必要プラグインがないときは、vagrantセットアップ後、下記実行でインストール。



$ vagrant plugin install vagrant-berkshelf

$ vagrant plugin install vagrant-omnibus


使い方


  • 下記コマンド実行で、VM起動~カレントディレクトリにRictyフォントを生成するところまで自動で行います。

$ mkdir ricty

$ cd ricty
$ git clone https://github.com/tarVolcano/vagrant-berks_ricty.git .
$ vagrant up


  • 全角スペースを可視化する場合は、Vagrantfile内のrun_listで"ricty::non-display_em-space"の箇所を"ricty::default"に変更してから実行してください。


Vagrantfile

    :

config.vm.provision :chef_solo do |chef|
chef.run_list = [
"fix_resolv_conf",
"ricty::default" # この行を追加して
# "ricty::non-display_em-space" # この行をコメントアウトする
]
end
:


環境


  • Vagrant 1.3.5


  • Virtualbox (ホスト:WinXP = 4.2.18 / MacOS X 10.9 = 4.3.2)



実行により作成されるゲスト環境について


  • ゲストOS:CentOS 6.4


  • vmメモリ:256MB


  • hostname:create-ricty-vm



  • vagrantBox名:centos-6.4


    • 上のboxがなければ、ここから自動ダウンロードします。