Edited at

gitコマンドの使用手順についてのメモ


Rubyの開発者を目指し基礎を学んでいる:relaxed:初心者の私が知識をまとめてみました。


What:thinking:

最初にリモートリポジトリに上げる方法とgitコマンドを使用した作業をまとめました。


Why:thinking:

githubを最近使い始めてしばらく経ちましたが、"GithubDesktop"なるものを使用しているうちに、「コマンドでやり方覚えた方がbetterでは?」と思ったのでまとめました。


gitコマンドを使用したソースコードのバージョン管理

最初の作業と空のプルリクエスト


  1. ブラウザでリモートのリポジトリを作成、ssh-keyを生成

  2. リポジトリの作り方:"GitHubのGUIでリモートリポジトリを作成する"を参照


    ssh-keyの作成方法:"【Git】git clone コマンドで「fatal: Could not read from remote repository.」が表示された場合の対処方法"(Git 用の鍵を作成する〜)

  3. ローカルにリポジトリの作成

    コマンドはプッシュ対象(リモートでバージョン管理をしたいディレクトリ)で行う。


    ローカル(現在のディレクトリ)にリポジトリを作成する。

    git init

    ローカル(ディレクトリを指定した場合)にリポジトリを作成する。


    git init workspase/chatapp/


  4. 新規ブランチを作成、作成したブランチに移動

    現在のブランチから派生ブランチを作成し移動する

    git checkout -b (新規ブランチ名)




    ブランチの確認をする

    git branch


    現在のブランチは "*" (アスタリスク)がつく


    ブランチの削除をする

    git branch -D (削除するブランチ名)




  5. ローカルのリポジトリをリモートのリポジトリに登録する


  6. fatal: 'origin' does not appear to be a git repository
    fatal: Could not read from remote repository.
    Please make sure you have the correct access rights
    and the repository exists.


    このままpushしてもこんなエラーが出るのでremoteコマンドでローカルのリポジトリをリモートに登録しましょう。


    git remote add origin https://github.com/(自分のgithubユーザ名)/(作成したアプリケーション名).git


  7. 空のプルリクエストを行い、リモートにプッシュする。

  8. 作業タスクを始めるためプルリクエストを送る。プルリクエストはcommitが必要


    空のコミット


    git commit --allow-empty -m "first commit"

    空のcommitの確認


    git log

    プッシュ


    git push origin (ブランチ名)


    commit漏れのエラーが出た場合


    git commit -m "message"

gitコマンドを使用した作業

  1. commitの対象を決める
  2. commitをするにあたり、その対象を決める。(git commit -a で省略可)
    ファイル名を選択する場合


    git add hoge.txt

    修正したファイル全てをcommitする場合

    git add .

    確認する場合

    git status

    取り消す場合

    git reset hoge.txt


    または


    git reset .

  3. 選択したファイルをcommitする。

    現在のブランチから派生ブランチを作成する

    git commit -m "[修正内容]コミットメッセージ "


    メッセージをvim(またはviエディタの画面で記述する場合)


    git commit


    参考:https://qiita.com/itosho/items/9565c6ad2ffc24c09364




  4. commitをリモートのブランチにプッシュする。
  5. commitをしたファイルをリモートのブランチに変更を加える。


    git push origin ブランチ名

    pushを確認


    git log

  6. ブラウザでプッシュされたことを確認

リモートブランチからローカルブランチに対して行う作業




  1. ブラウザにプッシュされたブランチの変更履歴をローカルのブランチに適用



  2. ローカルのブランチにpull


    git pull origin ブランチ名


  3. gitのリポジトリをurlから取得する。



  4. gitのリポジトリのurlをコピーしてcloneする。


    git clone (clone対象のurl)

    参考資料

    全体の流れの参考になった記事