プログラミング
React
Progate
プログラミング初心者

Progateで学べるReactの内容を整理してみる(前半)

アプリとかこれから作りたいんだったらReactとかReact Nativeがいいよーって話を聞いたので、ProgateのReactコースを受講してみることにしました。

https://prog-8.com/languages/react

せっかくなので、自分に定着させることを目的とするアウトプットとして、無料会員で利用できる「React学習コースⅠ」を要約してみます。

すでに会員の方はこちらを補足資料として、まだの方はこの機会に会員登録をして受講してみてもらえると、学習仲間ができて嬉しいです。

なお私自身がプログラミング初心者であり、間違いに気づいてない部分も多々あるかと思いますので、お気づきの点あればご指摘いただけると幸いです。


React学習コースⅠ


Reactとは

JavaScript(JS)のライブラリ。

JSで記述されたrenderメソッドのreturn内に、HTMLとほとんど同じJSXを記述することでブラウザに表示させることができる。

下記<div>タグ内がJSX


App.js

import React from 'react';

class App extends React.Component {
render() {
return (
// JSX開始
<div>
<h1>Hello World</h1>
<p>Reactを学ぼう</p>
</div>
// JSX終了
);
}
}
export default App;


JSXとHTMLの違い・JSXの注意点

return内に入れられるのは単一の要素。上記でいうとdivタグの階層には

2つ以上並列で入れることができない。その配下には(上記のh1やpタグのように)入れられるので、divタグのような1つの要素内に記述する。

imgタグなど単独タグ・空要素は<img src='https://www.jp/abc.jpg' />のように、末尾にスラッシュを入れてタグを閉じておく必要がある。


JSXにJSを埋め込む

render内でもreturnの外にはJSを記述できる。記述したJSは中かっこ{ }で囲むことでJSX内に埋め込むことができる。


App.js

    render() {

const text = 'Hello World'; // JSで定義
return (
<div>
<h1>{ text }</h1> {/* 中かっこで囲って埋め込む */}
<p>Reactを学ぼう</p>
</div>
);
}

なお上記のように、コメントタグはJSとJSXで書き方が異なる。


イベントとstate

イベント:指定したタイミングで実行できる処理

state:ユーザーのアクションを受けて変化する値

まずは前半のここまで。