nginx
SSL
サーバー
letsencrypt

Let’s Encrypt+NginxでSSLの評価をA+にしたい!

More than 1 year has passed since last update.

Let’s Encryptが開始され、SSLの導入のハードルがぐんと下がりました。

その分、SSLの設定も見直す必要性も出てきます。

SSLの評価を行うことのできるサービス、SSL Server Testを使ってSSLの評価を行ってみましょう。もしFだったら要注意です。


Let’s Encryptの導入

Let’s EncryptのSSL証明書で、安全なウェブサイトを公開

さくらインターネットが公開している上記の記事が参考になります。

しかし、上記設定だと自分の設定(CentOS6.8、nginx1.1.3)だとBだったので諸々調整しました。


調整内容

server {

listen 443 ssl http2;
server_name ドメイン名;
root /usr/share/nginx/html/ドメインで使うディレクトリ;
index index.php index.html index.htm;

ssl_certificate /etc/letsencrypt/live/ドメイン名/fullchain.pem;
ssl_certificate_key /etc/letsencrypt/live/ドメイン名/privkey.pem;
ssl_trusted_certificate /etc/letsencrypt/live/ドメイン名/fullchain.pem;

ssl_dhparam /etc/ssl/private/dhparam.pem;

ssl_stapling on;
ssl_stapling_verify on;
resolver 8.8.4.4 8.8.8.8 valid=300s;
resolver_timeout 10s;

ssl_session_timeout 1d;
ssl_session_cache shared:SSL:50m;

ssl_ciphers "ECDHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES128-GCM-SHA256:ECDHE-RSA-AES256-GCM-SHA384:ECDHE-ECDSA-AES256-GCM-SHA384:DHE-RSA-AES128-GCM-SHA256:DHE-DSS-AES128-GCM-SHA256:kEDH+AESGCM:ECDHE-RSA-AES128-SHA256:ECDHE-ECDSA-AES128-SHA256:ECDHE-RSA-AES128-SHA:ECDHE-ECDSA-AES128-SHA:ECDHE-RSA-AES256-SHA384:ECDHE-ECDSA-AES256-SHA384:ECDHE-RSA-AES256-SHA:ECDHE-ECDSA-AES256-SHA:DHE-RSA-AES128-SHA256:DHE-RSA-AES128-SHA:DHE-DSS-AES128-SHA256:DHE-RSA-AES256-SHA256:DHE-DSS-AES256-SHA:DHE-RSA-AES256-SHA:AES128-GCM-SHA256:AES256-GCM-SHA384:AES128:AES256:AES:DES-CBC3-SHA:HIGH:!aNULL:!eNULL:!EXPORT:!DES:!RC4:!MD5:!PSK";
ssl_prefer_server_ciphers on;

add_header Strict-Transport-Security max-age=15768000;
}

ssl_certificateをcern.pemからfullchain.pemに変更するだけでAになりました。

ssl_dhparamは

sudo openssl dhparam 2048 -out /パス/dhparam.pem

で作成します。

ディレクトリは/etc/ssl/private/を作成しましたが必要に応じて変更してください。

上記設定などは、以下のサイトなどが参考になります。

https://blog.kksg.net/posts/nginx-secure-ssl

上記設定をすることによりA+になりました。

SSL_Server_Test__ftype_net__Powered_by_Qualys_SSL_Labs__🔊.jpg


おわりに

もし評価がFだったら脆弱性などがあるかもしれませんので早急に対応しましょう。

新しい脆弱性は次々に出てきますので、何ヶ月か一度評価をしてみて、もし評価が下がっているようでしたら対応することをおすすめします。