AWS
vpc
subnet

AWS VPC環境構築

More than 1 year has passed since last update.

一つのAWSアカウント上に複数プロジェクト環境を構築する際に、VPCごとに分けると管理がしやくなります。
デフォルトはVPCは172.31.0.0/16なので、それと同じ環境を自前で構築してみました。

制約

1.AWSではリージョンごとに最大5VPCが作成可能です(上限緩和申請すれば、それ以上も作成可能)
2.VPCを作成する際に利用するIPアドレス範囲は/16~/28のサイズまで指定可能
3.VPCで利用するIPアドレス(プライベートIPアドレス)は下表で

Private IP範囲
10.0.0.0 ~ 10.255.255.255
172.16.0.0 ~ 172.31.255.255
192.168.0.0 ~ 192.168.255.255

VPC構成イメージ

もっともシンプルな構成をまず作ってみます。
image1.png

VPC作成

AWSのサービスでVPCを選択し、VPCダッシュボートで作成できます。
「Start VPC Wizard」ボタンで、用意された各種テンプレートから簡単に作成できますが、
理解するために、Wizardを利用せず、マニュアルで作っていきます。

your VPCsで一覧を表示し、「Create VPC」ボタンをクリックします。
image1.png
Name tagに適切な名前を入力し、IPv4 CIDR blockは10.100.0.0/24として、小さめに作成します。
image3.png

構成図からは下記となります。
image2.png

Subnet作成

上記通り、VPCはあくまでネットワークアドレスを確保しただけで、インスタンスを配置するにはSubnetを作成し、その中に作る必要があります。
同じVPCメニューからSubnetsを選んで、サブネット一覧画面へ行きます。
「Create Subnet」ボタンを押して、まず以下のような二つを作成します。

IPv4 CIDR block アベイラビリティゾーン 有効なIPv4数
10.100.0.0/27 ap-northeast-1a 27
10.100.0.32/27 ap-northeast-1c 27

AWSにおけるIPv4 用の VPC とサブネットのサイズ設定は以下を参考
http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AmazonVPC/latest/UserGuide/VPC_Subnets.html#vpc-sizing-ipv4

作成
image4.png
image5.png
「Yes, Create」ボタン押して作成完了
image6.png

構成図からは下記となります。
image7.png

EC2インスタンス作成

VPCとSubnet構築したら、次はEC2インスタンスを作成可能です。

詳細は省略しますが、Step3:Configure Instance Detailsの設定だけ配置したいVPCとSubnetを選択し、Createします。
※Auto-assign Public IPをEnableにすることを忘れるとInternetでRDPができなくなります。
image8.png

構成図からは下記となります。
image9.png

早速RDPして、サーバに入りたいですが、まだこの段階ではサーバに接続できないです。
Internetをつなげるためにはインターネットゲートウェイが必要です。

IGW作成&アタッチ

同じVPCのメニューから「Internet Gateways」を押して、一覧画面を表示します。
「Create Internet Gateways」ボタンでインターネットゲートウェイを作成します。
Name tagに sample-igw-publicを入れて、「Yes, Create」をクリック
image10.png

image11.png

作成したら、Stateはまだdetachedの状態です。
右クリックして、「Attach to VPC」を選択、対象VPCにアタッチします。
image12.png
Stateが変わりました。
image13.png
アタッチはできたものの、インターネットと通信するために、サブネットのルートテーブルをシュウセイする必要があります。

ルーティングの構成

VPCのRoute table IDからRoute talbeの設定画面にたどり、
image14.png
Routesタブで「Edit」ボタンを押して、項目追加します。
このルートテーブルに対して、「0.0.0.0/0」を送信先としてターゲットに対する通信を、作成したインターネットゲートウェイ(igw-xxxx)をターゲットとする項目を追加します。
「Save」して確定します。
最後に、EC2 sample-public-ec2を起動して、RDP接続します。
image15.png