Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
4
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@tanaka_shoya

もし事業責任者がデータ分析のために『SQL』を学んだら(第一章)

image.png

これはなに

  • SQLを学ぶ過程で、知識として定着したいことをQiitaにまとめて行こうと思います
  • 僕と同じようにSQLをこれから学ぼうとしている人、学び始めた人にとって有益な情報になれば幸いです

SQLを学ぼうと思ったきっかけ

  • エンジニアに依頼せずに、自分でデータを抽出し、分析したいと思ったからです
    • 仮設を立証、ないしは検証するためにデータを分析したい、実施した施策の効果測定のためにデータを見たいと思うことが多々あります
    • その目的を持っている人自身がやり遂げることは仕事の生産性を高めると考えています
      • 部分的な依頼は目的を見失いやすく、かといって目的を丁寧に共有してまで実施する仕事かと言えば、そうではないかもしれません
  • 責任者である自分がサボらずに生産性を高める努力をすることが、メンバーにも波及すると信じているから
    • やはり責任者の振る舞いは少なからず組織に影響すると考えています
    • その人間が経験だけで仕事をし、新たな勉強をしないと、組織にもその状況が蔓延してしまうのではないか
    • メンバーに成長や努力を求める前に、自分が先頭に立って求める振る舞いを実行する
      • やってみせ 言って聞かせて させてみて 誉めてやらねば 人は動かじ

学びのゴール

  • サービスの現状を知りたいと思ったときに、データを抽出出来る
    • 「今の会員全体の属性データを見たい」が実現できる
  • あの施策はうまくいったのか?と思ったときに、データを抽出出来る
    • 「あの施策を実施する前と後で、WAUの人数がどう変わったのかが見たい」が実現できる
  • これはマジックナンバーになりえるんじゃないか?と思ったときに、データを抽出出来る
    • 「この数値が○以上だと、ユーザーはアクティブになるのでは?見てみたい」が実現できる

ということで、少しずつですが学んでいきます

基礎用語の説明

  • データベース:表の集まり

image.png

  • テーブル:表

image.png

  • カラム:列

image.png

  • レコード:行

image.png

  • クエリ:SQLを実行するときにデータベースに送る命令文のこと

データ抽出の基本クエリ

SELECT
    カラム名
FROM
    テーブル名
;
  • データを抽出するときは、SELECT文を用いる
  • SQLで文を書くときの基本
    • SELECT、FROMは大文字で書くことが多いが、小文字でも可
    • 文末には、セミコロンで終わる
    • 取得したいテーブル名、カラム名を書く
    • 複数のカラムを取得したい場合は複数カラム名を書き、カンマでつなぐ

データの絞り込み

SELECT
    カラム名
FROM
    テーブル名
WHERE
    条件
;

  • データを絞り込むときは、WHERE句を用いる
  • 条件の書き方はたくさんあるので適宜調べるほうがいい
  • カラムを全て取得したい場合は、アスタリスクを用いる
  • 基本的にはご法度で、使う際はLIMITと一緒に使う(後述)
  • 文字列を使う場合は、シングルクォーテーションを用いる
    • 条件の具体例
      何かと同じ
      name = 'Increments株式会社'
      大きい、小さい①
      contribution >= 10
      大きい、小さい②
      created_at < '2020-09-18'
      リストにあるかどうか
      tag_name IN ('PHP', 'Laravel')
      データが空かどうか①
      contract_concluded_at IS NULL
      データが空かどうか②
      contract_concluded_at IS NOT NULL
      条件を複数使いたいとき
      contribution >= 10 AND created_at < '2020-09-18'

SQLを書くときの心構え

  • どういうデータがあるか確認する
    • テーブル名とカラム名が書いてあるものの、どういう状態で保存されているかわからないことが多い
    • 最初に以下のような感じで、中身を確認してみるといい
    • LIMIT 数字 で、数字の数だけデータを取得することができる
SELECT
    *
FROM
    テーブル名
LIMIT 10
;
  • エラー文をしっかり読む
    • 例えば line 2:5: 'nane' cannot be resolved と書いてある場合
    • エラーが起きているのは2行目
    • nameというものが読めないと言っている

おまけ

社内で利用しているTreasureDataはRDBではなく列指向DBなので、使うカラムを絞ることでビッグデータに対しては高速にクエリを走らせることができる。が、逆にいうと*を使うと定数倍で検索処理が重たくなる。
なので基本的にRedashで分析したいときは * を使うのはご法度です。使うカラムだけ指定するのが望ましい。

4
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
increments
「エンジニアを最高に幸せにする」ために Qiita、Qiita Team、Qiita Jobs を開発・運営しています。

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
4
Help us understand the problem. What is going on with this article?