search
LoginSignup
10

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

Organization

SceneDelegate.swiftってなに?

Storyboardを使った開発をやっているとほぼ触る機会がないSceneDelegate.swiftというファイル。
このファイルが何をやっているか分からず夜しか眠れなかったので調べてみました。

SceneDelegate.swiftとは?

SceneDelegate.swiftはiOS13,Xcode11から生成されるようになったファイルで、もともとAppDelegate.swiftが担っていたシーンで発生するアプリ固有のタスクを管理をするファイルです。
Xcodeを立ち上げ、プロジェクトを新規作成したらこのような記述がされたSceneDelegate.swiftが生成されると思います。

SceneDelegate.swift

import UIKit

class SceneDelegate: UIResponder, UIWindowSceneDelegate {

    var window: UIWindow?


    func scene(_ scene: UIScene, willConnectTo session: UISceneSession, options connectionOptions: UIScene.ConnectionOptions) {
        // Use this method to optionally configure and attach the UIWindow `window` to the provided UIWindowScene `scene`.
        // If using a storyboard, the `window` property will automatically be initialized and attached to the scene.
        // This delegate does not imply the connecting scene or session are new (see `application:configurationForConnectingSceneSession` instead).
        guard let _ = (scene as? UIWindowScene) else { return }
    }

    func sceneDidDisconnect(_ scene: UIScene) {
        // Called as the scene is being released by the system.
        // This occurs shortly after the scene enters the background, or when its session is discarded.
        // Release any resources associated with this scene that can be re-created the next time the scene connects.
        // The scene may re-connect later, as its session was not necessarily discarded (see `application:didDiscardSceneSessions` instead).
    }

    func sceneDidBecomeActive(_ scene: UIScene) {
        // Called when the scene has moved from an inactive state to an active state.
        // Use this method to restart any tasks that were paused (or not yet started) when the scene was inactive.
    }

    func sceneWillResignActive(_ scene: UIScene) {
        // Called when the scene will move from an active state to an inactive state.
        // This may occur due to temporary interruptions (ex. an incoming phone call).
    }

    func sceneWillEnterForeground(_ scene: UIScene) {
        // Called as the scene transitions from the background to the foreground.
        // Use this method to undo the changes made on entering the background.
    }

    func sceneDidEnterBackground(_ scene: UIScene) {
        // Called as the scene transitions from the foreground to the background.
        // Use this method to save data, release shared resources, and store enough scene-specific state information
        // to restore the scene back to its current state.
    }


}

これらの関数がそれぞれ何をやっているか説明していきます。

scene(_:willConnectTo:options:)

アプリが起動したときに呼ばれます。
UISceneSessionライフサイクルで一番最初に呼ばれるメソッドです。このメソッドがUIWindowのインスタンスつくり、viewControllerを設定し、このウィンドウをメインのウィンドウをとします。
Storyboardを使用している場合、windowは勝手に初期化され、シーンに接続されます。

sceneDidDisconnect(_:)

アプリが削除されたときに呼ばれます!

sceneDidBecomeActive(_:)

アプリが非アクティブ状態からアクティブ状態になったときに呼ばれます。
アプリが非アクティブ状態になった際に停止してしまった処理をもう一度起動するときに使うことが推奨されています。

sceneWillResignActive(_:)

アプリがアクティブ状態から非アクティブ状態になったときに呼ばれます。
こちらは一時的な割り込みが起こった際に呼ばれます(着信など)

sceneWillEnterForeground(_:)

アプリがバックグラウンドからフォアグラウンドに送られたときに呼ばれます
アプリがバックグラウンドに行った際に行った変更を戻したい場合に使うと良いらしいです。

sceneDidEnterBackground(_:)

アプリがフォアグラウンドからバックグラウンドに送られたときに呼ばれます。
データの保存やシーン特有の状態をなど、バックグランドから戻ってきた時に以前の状態を保存するために使われます。

試してみる

SceneDelegate.swift
import UIKit

class SceneDelegate: UIResponder, UIWindowSceneDelegate {

    var window: UIWindow?


    func scene(_ scene: UIScene, willConnectTo session: UISceneSession, options connectionOptions: UIScene.ConnectionOptions) {
        print("初期化!")
        guard let _ = (scene as? UIWindowScene) else { return }
    }

    func sceneDidDisconnect(_ scene: UIScene) {
        print("アプリが削除された!")
    }

    func sceneDidBecomeActive(_ scene: UIScene) {
        print("アクティブになった!")
    }

    func sceneWillResignActive(_ scene: UIScene) {
        print("非アクティブになった!")
    }

    func sceneWillEnterForeground(_ scene: UIScene) {
        print("フォアグラウンドに送られた!") }

    func sceneDidEnterBackground(_ scene: UIScene) {
        print("バックグラウンドに送られた!")
    }


}

アプリを起動してバックグラウンドに送ったり、アプリを終了してみたりすると分かると思いますー

参考文献

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
10