Edited at

Google Cloud Functions の Python コードを Mac のローカル環境で開発〜デプロイする


はじめに

Google Cloud Functions は GCP コンソールにもエディタが用意されていますが、ローカルで開発したほうがはかどるので、 Mac で開発してデプロイする方法を備忘録としてまとめておきます。

公式の日本語ドキュメント は記事公開時点では Python のサンプルがないので、 Python ユーザーは 英語ドキュメント 推奨。


gcloud コマンドのインストール

以下のコマンドを実行。 gcloud コマンドをインストールすると Cloud Functions に限らず、 Google Cloud Platform のデプロイなどが可能になる。

$ brew cask install google-cloud-sdk

$ gcloud init
$ gcloud components update && gcloud components install beta


デプロイ

言語が Python で HTTP トリガーを利用する場合は、以下のコマンドを実行するとデプロイできる。

$ gcloud functions deploy graph --runtime python37 --trigger-http

以上。


関連記事