Help us understand the problem. What is going on with this article?

Railsでアプリを作る簡単な流れ

一からアプリを立ち上げるとなると、意外と、何からしていいか分からない人もいると思うので、まとめました。

(アプリのダウンロードなど、環境構築などは完了していること)

アプリを作成する

保存したい場所に移動して

私はデータベース名は、mysqlでやってます。
指定しなければ、SQLiteというものが入ります。

ターミナル

$ rails new アプリ名 -d mysql(データベース名)

gemのインストール

ターミナル

$ bundle install

コントローラーを作成する

投稿サイトを作る場合のコントローラーを作成します。
※コントローラー名は複数形にしましょう

ターミナル

$ rails g controller posts(コントローラー名)
posts.controller.rb
class PostsController < ApplicationController
  def index(アクション名)
    #空でいいので作成する
  end  
end

データベースを作成する

データベースが必要であれば作成します。
通常であれば2つのファイルが生成されます。

ターミナル

$ rails db:create

モデルを作成する

データベースが必要な場合はモデルを作成します。
※モデル名は単数形にしましょう

ターミナル

$ rails g model post(モデル名)

モデルを作成すると、マイグレーションファイルも同時生成されます。
必要なカラムがあれば追加します。

20190000_xx_xx.rb
class CreatePosts < ActiveRecord::Migration[5.2]
  def change
    create_table :posts do |t|
      #t.(型名) :(カラム名), (オプション)
      t.text :content, null: false
      t.timestamps
    end
  end
end

カラムの追加が完了したら

ターミナル

$ rails db:migrate

これでデータベースの準備は完了です。

トップページのルーティングを作成する

routes.rb
 #root to: "コントロ-ラー名#アクション名"
 root to: "posts#index"

トップページのviewを作成する

app/views/posts(コントローラー名)の中に

index(アクション名).html.erbを作成
index.html.erb
 HELLO WORLD

railsを起動する

ターミナル

$ rails s

localhost:3000で起動します

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした