Help us understand the problem. What is going on with this article?

Railsをherokuでデプロイする方法

herokuでのデプロイは、AWSに比べてめちゃめちゃ簡単だったので、まとめました!

(githubへのpush、会員登録、クレジットカード登録など完了後)

herokuにログインする

デプロイしたいアプリに移動したら

$ heroku login

何かキーを押してくださいと言われるので、適当にエンターキーを押す。

herokuのページに推移する。

loginを押してターミナルに戻る

ログイン完了

作ったアプリをherokuとリンクさせる

デプロイしたいアプリに移動したら

$ heroku create アプリ名

アプリ名がURLに入るのでしっかり考えましょう
すでにそのアプリ名がherokuで使われている場合はできません

データベースを作成する

※データベースが必要な場合のみ

ターミナル

$ heroku addons:create cleardb:ignite

これでデータベース作成は完了しました。

mysql2の環境変数を指定

初期設定だとmysql2の設定ができていないのでそこを設定していきます。
現在のmysqlの設定を確認します。

$ heroku config

以下のような長い文字列が出てくるので、それに応じて環境変数を入力していきます。

CLEARDB_DATABASE_URL: mysql://<ユーザー名>:<パスワード>@<ホスト名>/<データベース名>?reconnect=true

heroku configで表示された文字列をもとに、以下のように入力していきます。

$ heroku config:add DB_USERNAME='<ユーザー名>'
$ heroku config:add DB_PASSWORD='<パスワード>'
$ heroku config:add DB_HOSTNAME='<ホスト名>'
$ heroku config:add DB_NAME='<データベース名>'
$ heroku config:add DB_PORT='3306'
$ heroku config:add DATABASE_URL='mysql2://<ユーザー名>:<パスワード>@<ホスト名>/<データベース名>?reconnect=true'

エラー対策の微調整

config/environments/production.rb
 #初期はfalseなので変更
 config.assets.compile = true 

 #config.assets.js_compressor = :uglifierを変更
 config.assets.js_compressor = Uglifier.new(harmony: true)

デプロイ

$ git push heroku master

データベースのmigrate

$ heroku rake db:migrate

アプリの立ち上げ

$ heroku open

これでブラウザに、作ったアプリが表示されます!

補足

万が一、エラーが出てしまった場合は

$ heroku logs -t 

で確認できるので、修正し、ローカルからgithubへのプッシュ。
そして再度

$ git push heroku master

をすれば大丈夫です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした