openldap
OpenDJ
apacheds
389ds

オープンソースLDAPサーバーの比較

More than 3 years have passed since last update.


各LDAPサーバーの概要


389 Directory Server

Red Hatの商用製品であるRed Hat Directory Server(RHDS)のコミュニティ版。Red HatがNetscape Directory Serverを買収、オープンソース化してできたFedora Directory Serverが、さらに改名されて、389 Directory Serverになっている。Javaベースのクライアントツールが付属されており、GUIで管理可能。Windows版やMac版の389 Directory Serverは提供されていない。


Apache Directory Server

Apache Directoryプロジェクトが開発・提供するディレクトリサーバー。LDAPプロトコルの最新バージョンを準拠している他に、Kerberos5とパスワード変更プロトコルをサポートしている。サブプロジェクトでは、Apache Directory Studioと呼ばれるEclipseベースのディレクトリツールを開発しており、LDAPブラウザ/エディタ、スキーマブラウザ、LDIFエディタ、DSMLエディタなどの多くの機能を提供している。


OpenDJ

Sun Microsystemsが開発していたOpenDSのフォーク。Sunが2010年にOracleに買収された後、ForgeRock(Sunの元社員によって設立された企業)によって開発が継続されている(その際、OpenDSからOpenDJへと改名)。ロードマップをもとに様々な新機能が実装されており、LDAPの他にRESTでデータを更新することができる。シングルサインオンのソリューションを提供するOpenAMの、組み込みのディレクトリサーバとしても使われている。インストールが容易で日本語化されたGUI/CUIもあるので、扱いやすい。ガイド類は充実しているが、日本語の情報は多いとは言えない。


OpenLDAP

多くのLinuxディストリビューションにパッケージされている最も有名なLDAPサーバー。1998年にプロジェクトが開始されて、現在の最新バージョンは2.4.43。最も知名度が高く、導入実績も多いため、インターネット上の情報(特に日本語の情報)が他のLDAPサーバーより多い。GUIの機能が提供されていないので、GUIを使用する場合はphpLDAPAdminやApache Directory Studioなどの外部ツールを使う必要がある。また、公式サイトではWindows版は提供されていない。


項目別の比較結果

比較項目
389 Directory Server
Apache DS
OpenDJ
OpenLDAP

スポンサー
Red Hat
Apache Software Foundation
ForgeRock
OpenLDAP Foundation

ライセンス
MPL/LGPL/GPL
Apache License 2.0
CDDL 1.0
OpenLDAP Public License

主要な実装言語
C
Java
Java
C

多言語対応
WebアプリケーションのUIは、翻訳ファイルを言語固有の設定ディレクトリに含めることでローカライズ可能。
クライアントツールのApache Directory Studioは英語、フランス語、ドイツ語に対応
英語、フランス語、ドイツ語、日本語、簡体字中国語、スペイン語
英語のみ

プラットフォーム
Linux, Solaris, HP-UX
クラスプラットフォーム
クラスプラットフォーム
クラスプラットフォーム

サポートしているRFC
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら
詳細はこちら

レプリケーション
マルチマスターレプリケーション
マルチマスターレプリケーション
マルチマスターレプリケーション
マルチマスターレプリケーション

管理ツール
Javaのデスクトップクライアントツールがある
Apache Directory Studio
GUIとCUIの管理ツールあり
管理ツールは無い

OSSの機能性(2014年ガートナー調査結果)



OSSの成熟度(2014年ガートナー調査結果)



Googleでの検索件数
約 43,000 件
約 44,500 件
約 94,400 件
約 618,000 件


Google Trendsでの比較結果

2015年12月現在における過去10年のGoogle Trendsでの比較結果は、以下のようになっています。OpenLDAPが圧倒していますが、それ以上にLDAP自体に対する注目度が年々下がってるという印象でしょうか...

trends2.png

2015年の1年間で見ると、以下のようになっています。まだ、OpenLDAPの人気が高いです。

trends1.png


参考資料