search
LoginSignup
14
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

AWS Cost Explorerに渡す、Metricsの値の意味

🔶 Metrics

AWS Cost ExplorerのGetCostAndUsage等に渡すリクエストパラメータには、Metricsというパラメータがあります。

リクエストパラメータ例
{
   "Filter": { 
      "Tags": { 
         "Key": "string",
         "Values": [ "string" ]
      }
   },
   "Granularity": "string",
   "Metrics": [ "string" ],  // <--この値です
   "NextPageToken": "string",
   "TimePeriod": { 
      "End": "string",
      "Start": "string"
   }
}

このMetricsにセットできる値は、マニュアルには以下の7つがセットできるとだけ書かれています。

Valid values are AmortizedCost, BlendedCost, NetAmortizedCost, NetUnblendedCost, NormalizedUsageAmount, UnblendedCost, and UsageQuantity.

それぞれの具体的な意味について問い合わせたところ、以下の通りでした。

🔷 AmortizedCost

リザーブドインスタンスの料金を、課金した日に一気に支払ったとして計算するのではなく、日割り計算で算出した金額。

🔷 BlendedCost

アカウントで使用する、全インスタンスの平均レート×使用率から算出した金額。

🔷 NetAmortizedCost

ディスカウント適用後(EDP割引等)の償却コスト。
ただし、使うにはマスターアカウントによる許可が必要です。

🔷 NetUnblendedCost

ディスカウント適用後(EDP割引等)のコスト。
実際に請求される金額はこちら。
ただし、使うにはマスターアカウントによる許可が必要です。
メンバーアカウントの場合には "UnblendedCost" を使うのが無難です。

🔷 NormalizedUsageAmount

リザーブドインスタンスの正規化係数の合計。

🔷 UnblendedCost

ディスカウント適用前のコスト。
メンバーアカウントで料金を集計する際は、こちらを利用するのが無難。

🔷 UsageQuantity

使用量。

🔶 参考

Cost Explorer を使用したデータの探索

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
14
Help us understand the problem. What are the problem?