Help us understand the problem. What is going on with this article?

【三日目】Unity でモブプログラミング [D02_CatDeffence]

概要

6月29日(土)初心者~上級者まで集まってモブプログラミングでゲームを作ります。今回もみんなでゲームの企画を考えて、あーだこーだ言いながらゲームを作成しました。

ゲーム内容

「いらすとや」さんのイラストからゲーム企画を考えてみました。可愛らしいネコがあったので、それを中心とした企画を考えることに。ネコを何かから守るようなディフェンスタイプのゲームを作成することになりました。何かから守る部分については、ちょうど「いらすとや」さんに雨の風景のイラストがあったので雨からネコを守るゲームに決定しました。

【タイトル画面】

【プレイ画面】

プレイヤーは傘を掴んで雨が当たらないようにネコの上に来るように操作します。傘から外に出てしまうとダメージ?を食らってしまい身体が赤くなっていきます。ダメージ?を食らい過ぎると・・・ゲームオーバーに。表示されている時間を守れればゲームクリアになります。

【ゲーム結果画面】

こちらはシンプルです。ゲームオーバーについては真っ赤なんでお亡くなりなったんですかね?

ゲームの仕組み

見た目的には雨からネコを守るゲームで上から降ってくるモノを傘で防ぐようにみえます。ただ、実際には傘とネコのそれぞれに当たり判定を設定し、それぞれの当たり判定が接触している状態なら雨から守れていることにしています。更に厳密にいうと傘の方が当たり判定が縦に長いため、ある程度ネコから離れてても雨から守れているという雰囲気を出すことができたと思います。ちなみに傘とネコが離れすぎるとネコにダメージ?が入ってしまいます。現実も傘を高くさし過ぎると雨に当たるので上手く表現できたかなと思ってます。

ゲームの演出

上記の仕組みはゲーム性を見た目的に工夫したことになります。シンプルな実装でもプレイヤーのイメージに任せてゲームとして成立させてもイイんじゃないかなと。例えばファミコンのドラゴンクエストも正面に敵が出てくるだけですが、敵からダメージを受けると画面が震えて痛く感じてしまう・・・。実際には体力の数値が減るだけなんですが、震えたり体力が少なくなったりして黄色くなるだけで、伝わってくる情報は違ってくるのかなと思います。今回はそういう観点での1つのアプローチになったと思っています。

振り返り

  • 素材からゲームの企画を考えるとスムーズ(「いらすとや」さんがイイ!)
  • ゲーム性はシンプルだが周りのイラストなどで雰囲気などがイメージしやすい形になってよかった
  • ネコにダメージ?が入るときに点滅する演出は、他で製作しているときのコードを流用できた。
  • 「いらすとや」さんについてアプリにしたときに広告を出したりすると商用になるので注意が必要(商用は数が限られているらしい)
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away