Help us understand the problem. What is going on with this article?

ネットワークエンジニア視点のAWS AWS Provided DNS & Route 53

ネットワークエンジニア的にはDNSはDNSサーバーまで到達できればOKな感じなのですが、
AWSの場合はDNSでのルーティングがキーの一つかなと思いましたので、
色々と触ってみました。というか、DNSが2つあるし。

それぞれの概要はこんな感じ?
*Amazon Provided DNS
  VPC毎に自動で起動。VPCのネットワークアドレスに2を追加したアドレスを持つ

*Route 53
 AWS提供のDNS。
   Public: 通常のInternet上のDNSと同じ
   Private: VPC用?

とりあえずVPCを2つ作成。VPC-tame(10.0.0.0/16)とVPC-tame1(10.1.0.0/16)
それぞれEC2を起動して名前解決がどのように行われるかを調査。
VPCの”DNS resolution”, “DNS hostname”は共にenable
(なおWindowsで実施。。。)

まずは、VPC-tame1(10.1.0.0/16)上のインスタンス(10.1.1.1)から
VPC-tame(10.0.0.0/16)のインスタンス(10.1.1.89 )
に対するアドレス解決(& 同一VPCの10.0.1.52に対しても)
image.png
問題なく行われているので、AWSアカウントが同じ場合はAWS Provided DNSでVPC間の名前解決も可能?
なんかしっくりこないのですが、まあこうゆうものと考えましょう。

次にRoute 53。VPC向けはhosted zoneのようなので、VPC-tame1(10.1.0.0/16)に関連付けした
Route 53 Hosted Zoneを作成。
DNS名は適当。使われて無いのを選びました(ちなみに、すでに削除済みなので黒塗りとかは無し)。
image.png
関連付けしたVPC-tame1からはtest.z1s2d3c4.com参照可能。
(使用したインスタンスのDNSはAWS Provided DNSの10.1.0.2)
つまり、AWS Provided DNSにはRoute 53 hosted zoneへのフォワーダー設定が自動で入っている???
image.png
ちなみにVPC-tame(10.0.0.0/16)内のインスタンスからは参照出来ない。
Route 53 hosted zoneは関連付けしたVPCのみ有効って事で、これは納得。
image.png
念のためVPC-tameも関連付ける事で参照可能になりました。
Screen Shot 2020-01-05 at 10.50.28.png
image.png

当然の動作確認として、VPCの"DNS resolution"がenableで無い場合は
DNSの解決が同じVPC内であってもNG
image.png

ついでにInterface型endpointをVPC-tame1内に作成、アドレス解決出来るか確認。
Screen Shot 2020-01-05 at 10.53.51.png
VPC-tame, VPC-tame1内から共に確認可能。
Screen Shot 2020-01-05 at 10.57.03.png

ここで疑問が
・VPC内でDNSをenableにしなかった場合で(AWS Provided DNSは使わない)、Route 53のみを使う場合
 の参照先DNSサーバーのアドレスは???そもそもこうゆう使い方は想定外?

ちなみにインスタンスに付与するZDHCPサーバーの変更はVPC Dashboard内のDHCP Option setの指定で
変更出来る事は確認。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした