Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
181
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

Organization

SwiftでCocoaPodsを使う

SwiftからCocoaPodsを使う方法をメモ

Swiftのプロジェクトを作る

新規作成→Swiftを選んでプロジェクトを作る。
Githubから適当なサンプルプログラムを持ってきてもいい

Podfileの作成

プロジェクトのトップにPodfileを作成
ライブラリはAFNetworkingで

  • プロジェクト
.
├── Podfile
├── SwiftExample
├── SwiftExample.xcodeproj
├── SwiftExample.xcworkspace
└── SwiftExampleTests
  • Podfile
platform :ios, "8.0"
pod 'AFNetworking', '~> 2.0'
  • ライブラリインストール
pod install

インストール後はxcworkspaceを開く

Bridging-Headerを作る

Swiftで使いたいコードのヘッダーをインポートしておくためにBridging-Headerというインターフェイスとなるヘッダーを追加する必要がある。

xcodeから作成すると設定を自動でしてくれるので、New FileメニューからCocoa Classを選び、言語をObjective-Cにしてクラスを生成する。
途中でbridging header作る?って聞かれるからYES。
名前はSwiftExample-Bridging-Header.hにしておく。

screen-shot.png

このファイルに次の一行を追加する。

#import <AFNetworking/AFNetworking.h>

Bridging-Headerの設定

最後に BuildSettings -> All -> 検索 "Objective-C B" まで打てば Objective-C Bridging Header という設定があるので、そこに Bridging Header までのパスを指定する。

スクリーンショット 2015-06-19 10.18.41.png

ビルド

するとSwift側からライブラリのコードを利用できるようになる。
特にSwift側にはimport文など書かなくてもいいようだ。
あとはビルドしてエラーがないことを確認すればよい

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
181
Help us understand the problem. What are the problem?