Help us understand the problem. What is going on with this article?

3tenePro+Live2DでLive2Dモデルをインポートする方法

More than 1 year has passed since last update.

準備するもの

  • 3tenePro+Live2D(有料、今回はWindows版を前提で書きます)
  • Live2Dモデル
    • テクスチャアトラス
    • .moc3
    • .model3.json
    • .physics3.json

Live2Dモデル各ファイルのエクスポートについては省略します。

インポート

  1. 3teneProを起動して、左のメニューから「アバターを選択」を開く
    avater.png

  2. 「アバターの選択」画面が開かれるので+マークのあるシルエットを選択
    select.PNG

  3. ファイル選択が開くのでPathをコピーする
    file.PNG

  4. 2DmodelフォルダにLive2Dモデルの各ファイルを置く
    標準だとおそらくC:\Program Files\PLUSPLUS\3tenePro+Live2D\3tene_Data\StreamingAssets\2Dmodel
    この直下に置いてもいいのですが、モデルが増えてくるとファイルがごちゃごちゃするので2Dmodelの直下にアバターごとにhogeフォルダを作ってその中にLive2Dモデルの各ファイルを置く方がスッキリします。

  5. 再度アバターの選択画面からファイル選択を開き、4.で置いた.model3.jsonを選択

  6. おめでとう! これでLive2Dアバターが読み込めたはずだ!

taletail
現在Androidエンジニアをやっています。 学生時代はRails 4でWeb系の勉強をしていました。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away