Git2.9のキレイなdiffを出すためのconfig

More than 1 year has passed since last update.

Git 2.9 has been released
https://github.com/blog/2188-git-2-9-has-been-released

昨日キレイなDIFFが出せるgit2.9がリリースされました。
homebrewで brew upgrade git な感じでアップグレードすれば2.9は入るのですが、
このキレイなDIFFは標準では有効になってないので、記事にあるとおりに設定を行いましょう。
だいたい以下のような感じのコマンドうてばいいと思います。

下準備:diff-highlightにPATHを通す

まぁ通さずに直接読んでもいいんですが、通しておきましょう。
homebrewでいれるとdiff-highlightさんは↓あたりにいるのでPATHを通しておきましょう。

export PATH=$PATH:/usr/local/Cellar/git/2.9.0/share/git-core/contrib/diff-highlight
export PATH=$PATH:/usr/local/share/git-core/contrib/diff-highlight
修正: バージョン指定ではなく share を参照したほうがよいとのコメントいただきました。ありがとうございました。

いい感じの色になるやつ

$ git config --global pager.log 'diff-highlight | less'
$ git config --global pager.show 'diff-highlight | less'
$ git config --global pager.diff 'diff-highlight | less'

追記: git add -p ( git add --patch ) も対応させるには以下

$ git config --global interactive.diffFilter 'diff-highlight'

いい感じの差分になるやつ

$ git config --global diff.compactionHeuristic true

以上です。あとは普通に git diff すればキレイなDIFFが確認できて幸せやつ。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.