Help us understand the problem. What is going on with this article?

AndroidのUUID(eaio-uuid)について

More than 3 years have passed since last update.

AndroidのUUIDに関して、iOSとはちょっと異なっていたので忘れないように覚書です。

AndroidのUUIDに関しては、ちょっとググるといろいろ出てくるので、
ここでは割愛します。
・標準で取得できるUUIDでは、必ずしもユニークならない。
・バージョンによって規格が違う
などなどを以下のサイトで知りました。
http://jx-script.blogspot.jp/2010/03/javautiluuid.html

出来る限りユニークになるUUID取得方法を提示されていたので
バージョン1を使用することにしたのですが、
Androidで使うにはちょっと簡単にはいかなかったので記載しておきます。

使用できなかったパターン1
以下にあるjarをインストールしました。
http://johannburkard.de/software/uuid/
ビルドは通り、いざ実行すると
NoClassDefFoundError: com.eaio.uuid.UUID
が出力され、使用できなかったです。。。
libsにあるjarは削除。

使用できなかったパターン2
gradleに最新版を取得するようにして行えば変わるかと思い、

build.gradle
compile com.github.stephenc.eaio-uuid:uuid:3.4.0' 

としてビルド。
ビルドはオッケー。いざ実行すると同じ。。。
build.gradleに記載したコードは削除。

使用できたパターン
以下のスライドを参考にさせて頂きました。
http://www.slideshare.net/tomorrowkey/uuid

どうやら内部で使用している CORBA ライブラリがJavaコンパイルバージョン違いでAndroidでは使用できないようです。
なので、直接コードをプロジェクトに入れて、com.eaio.uuid.UUID にimportしている CORBA をコメントアウト。
implementsに記載してある CORBA も削除。
いざビルドするも、Fail。。。
内容を確認して
UUIDHelper.java
UUIDHolder.java
でも CORBA を使用していて、UUID.javaからは使用していなかったので、
ファイル毎削除。
ビルドも通り、実行してUUIDを取得することができました。

iOSと違ってUUIDの扱いが様々あってちょっと苦労しました。。。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away