Help us understand the problem. What is going on with this article?

Linuxコマンド一覧

目的

12月から運よく業務でデータ解析に携わることになりました。
ただ、伴って、Linuxコマンドを使用する機会も増えてきましたので、復習用にまとめてみました。
ドットインストール様の講座を参考にさせて頂いております。
これが無料とは信じられませんが...

参照動画

https://dotinstall.com/lessons/basic_unix_v2

環境

ローカル開発環境のCentOS上を利用

↓ 環境立ち上げ方法
https://dotinstall.com/lessons/basic_localdev_win_v2

*versionが最新版だと上手く立ち上がらない可能性があります。

コマンド一覧

pwd:現在のディレクトリを確認

[vagrant@localhost ~]$ pwd
/home/vagrant

clear, Ctrl + l:画面のリセット

cd:ディレクトリ移動

cd [ディレクトリ名]:[ディレクトリ名]に移動

[vagrant@localhost ~]$ pwd
/home/vagrant
[vagrant@localhost ~]$ cd unix_lessons/
[vagrant@localhost unix_lessons]$ pwd
/home/vagrant/unix_lessons

cd ..:一つ上のディレクトリへ移動

[vagrant@localhost unix_lessons]$ pwd
/home/vagrant/unix_lessons
[vagrant@localhost unix_lessons]$ cd ..
[vagrant@localhost ~]$ pwd
/home/vagrant

cd -:直前のディレクトリに戻る

[vagrant@localhost unix_lessons]$ pwd
/home/vagrant/unix_lessons
[vagrant@localhost unix_lessons]$ cd ..
[vagrant@localhost ~]$ pwd
/home/vagrant
[vagrant@localhost ~]$ cd -
/home/vagrant/unix_lessons
[vagrant@localhost unix_lessons]$ pwd
/home/vagrant/unix_lessons

cd !$:直前のコマンドに渡した最後の文字列を引用してファイル移動

[vagrant@localhost unix_lessons]$ ls myapp/
hello.txt
[vagrant@localhost unix_lessons]$ cd !$
cd myapp/
[vagrant@localhost myapp]$

myappへ移動成功

ls:下位ファイルの確認

mkdir:ディレクトリの作成

[vagrant@localhost unix_lessons]$ mkdir myapp
[vagrant@localhost unix_lessons]$ ls
myapp

cp :ファイルのコピー

cp [コピーするファイル] [コピー先]

同じディレクトリ内にmyappをmyapp2の名前でコピー

[vagrant@localhost unix_lessons]$ cp -r myapp myapp2
[vagrant@localhost unix_lessons]$ ls
myapp  myapp2

*cp [コピーするファイル] . で同じディレクトリにコピー

*ディレクトリをコピーする場合、「-r」オプションが必要

$ cp -r ./foo /home/hoge/aaa

コピー元の属性を維持する場合は「-p」オプションも併用します。

$ cp -rp ./foo /home/hoge/aaa

mv:ファイルの移動

mv [移動するファイル] [移動先]

myapp3ファイルをmyapp2下位に移動させる
*mkdir -p myapp3/configの「-p」は、app3ファイルがない状態でconfigファイルを作成するのに必要。

[vagrant@localhost unix_lessons]$ ls
myapp  myapp2
[vagrant@localhost unix_lessons]$ mkdir -p myapp3/config
[vagrant@localhost unix_lessons]$ ls
myapp  myapp2  myapp3
[vagrant@localhost unix_lessons]$ ls myapp3
config
[vagrant@localhost unix_lessons]$ mv myapp3 myapp2
[vagrant@localhost unix_lessons]$ ls myapp2
myapp3

rmdir:ファイルの削除

rmdir [削除したいファイル名]
*ただし、削除できるファイルは空のみ

[vagrant@localhost unix_lessons]$ ls myapp3
config
[vagrant@localhost unix_lessons]$ rmdir myapp2/myapp3/config
[vagrant@localhost unix_lessons]$ ls myapp2/myapp3

*中身があるファイルを削除する場合

[vagrant@localhost unix_lessons]$ rmdir myapp2
rmdir: failed to remove `myapp2': ディレクトリは空ではありません
[vagrant@localhost unix_lessons]$ rm -r myapp2
[vagrant@localhost unix_lessons]$ ls
myapp

cat:ファイルの中身確認

[vagrant@localhost unix_lessons]$ cat ./myapp/hello.txt

・ファイルの中身の確認が可能
image.png

less:ファイルの中身確認

catと使い方が異なる

・矢印:スクロール
・Space/ Ctrl+F 一画面先
・Ctrl+B 一画面前
・g 先頭へ移動
・Shift+g 末尾へ移動
・q 終了
・/検索語

Ctrl+c:キャンセル

Ctrl+r コマンドの履歴を検索

history:過去のコマンド一覧を表示

一覧中のコマンドを実行したければ、 ![任意の数字]で実行できる。

! 直前のコマンドを色々引用できる

[vagrant@localhost unix_lessons]$ !pw  ←直近でpwから始まるコマンドを実行
pwd
/home/vagrant/unix_lessons
[vagrant@localhost unix_lessons]$ !pw:p  ←あやふやなら :pで表示だけも可
pwd
[vagrant@localhost unix_lessons]$ !!  ←実行
pwd
/home/vagrant/unix_lessons

help, man:コマンドのhelp表示

[vagrant@localhost unix_lessons]$ mkdir --help
Usage: mkdir [OPTION]... DIRECTORY...
ディレクトリを作成する。ただし既にディレクトリがあれば何もしない。

長いオプションに必須の引数は短いオプションにも必須です.
  -m, --mode=MODE   set file mode (as in chmod), not a=rwx - umask
  -p, --parents     no error if existing, make parent directories as needed
  -v, --verbose     print a message for each created directory
  -Z, --context=CTX  set the SELinux security context of each created
                      directory to CTX
      When COREUTILS_CHILD_DEFAULT_ACLS environment variable is set, -p/--parents
      option respects default umask and ACLs, as it does in Red Hat Enterprise Linux 7 by default
            --help     この使い方を表示して終了
      --version  バージョン情報を表示して終了

Report mkdir bugs to bug-coreutils@gnu.org
GNU coreutils home page: <http://www.gnu.org/software/coreutils/>
General help using GNU software: <http://www.gnu.org/gethelp/>
Report mkdir translation bugs to <http://translationproject.org/team/>
For complete documentation, run: info coreutils 'mkdir invocation'

*man [コマンド]でもっと詳しい表示ができる。less表示だが...

vim

vi [ファイル名]でvimを起動 

vimにはコマンドモードと編集モードがある。左下に「INSERT」表示があれば編集モード。

〇コマンドモード ⇒ 編集モード:i
〇編集モード ⇒ コマンドモード:Esc

終了・保存する場合はコマンドモードで、
:w 保存
:q 終了
:q! 変更内容を破棄して終了

環境立ち上げ

〇Windows PowerShellで仮想マシンを立ち上げる

PS C:\Users\takuy> cd MyVagrant/MyCentOS
PS C:\Users\takuy\MyVagrant\MyCentOS> vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Checking if box 'bento/centos-6.8' version '2.3.4' is up to date...
==> default: Machine already provisioned. Run `vagrant provision` or use the `--provision`
==> default: flag to force provisioning. Provisioners marked to run always will still run.
PS C:\Users\takuy\MyVagrant\MyCentOS> vagrant status
Current machine states:

default                   running (virtualbox)

The VM is running. To stop this VM, you can run `vagrant halt` to
shut it down forcefully, or you can run `vagrant suspend` to simply
suspend the virtual machine. In either case, to restart it again,
simply run `vagrant up`.

〇PuTTyで作成したMyCentOSをloadする
ユーザー名とpassはvagrant

終了するとき

〇PuTTy上でexitコマンド

〇Powershell上で仮想マシンを停止させる

PS C:\Users\takuy\MyVagrant\MyCentOS> vagrant suspend
==> default: Saving VM state and suspending execution...

参照

http://www.koikikukan.com/archives/2016/02/09-000300.php

takuya66520126
勉強中の素人がやったことをまとめています。 データサイエンティスト見習い1年目←製造業 / 2020年は筋トレとkaggleと統計検定を頑張りたい
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした