Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

MacでSipeed Maixduinoの顔認識を動かす

Sipeed社製Maixduino環境設定

MacでSipeed社製Maixduinoを動かす環境を立ち上げたので手順を残します。
スクリーンショット 2019-10-12 14.29.05.png

Mac用ドライバーダウンロード&インストール

現時点での最新版。MacOS Mojave v10.14.6では動作した。
http://www.wch.cn/download/CH341SER_MAC_ZIP.html
インストールしてMac再起動

ファームウェアと顔認識用のモデルダウンロード

https://github.com/sipeed/MaixPy/releases/tag/v0.3.2
以下2つをダウンロード
face_model_at_0x300000.kfpkg #モデル
maixpy_v0.3.2_full.bin #ファームウェア

ファームウェアアップデート用ツール kflash_gui

https://github.com/sipeed/kflash_gui/releases/tag/v1.3.2
Pre-releaseがいくつかでているが、Mac対応版はこれが最新。インストール時にセキュリティのメッセージが出る場合は、Macのシステム環境設定→セキュリティとプライバシー→kflash_guiの実行許可を行う。

Maixduino接続確認

ボードをMacとMaixduinoをケーブルで接続後、ターミナルを開いて以下を実行。
screen /dev/cu.usbserial-xel_sipeed0 115200

反応がない場合は ctrl-d を押すとソフトリブートする。以下のような画面がでれば接続OK。
スクリーンショット 2019-10-12 13.58.03.png

ファームウェアアップデート

注)ターミナルを切り、ボード接続を外し、再度接続して通信初期化状態にする必要あり
kflash_guiを立ち上げて以下のように設定。Open Fileでmaixpy_v0.3.2_full.binを選択しDownloadを押すとファームウェアのダウンロードとアップデートが走る。ダウンロード完了後にアップデートが行われるので、多少時間がかかる。
スクリーンショット 2019-10-12 14.02.19.png

顔認識を動かす

顔認識用モデルダウンロード

flash_guiからOpen Fileでface_model_at_0x300000.kfpkgを選択。アドレスを指定する欄がなくなるが、このままで0x300000に書かれるので問題ない。
スクリーンショット 2019-10-12 14.06.50.png

顔認識サンプルコード動作確認

ターミナルを開いて以下を実行(>>> が表示されている状態にする)
screen /dev/cu.usbserial-xel_sipeed0 115200

以下からサンプルコードをcmd-cでコピー
https://github.com/sipeed/MaixPy_scripts/blob/master/machine_vision/demo_find_face.py

ターミナル上で ctrl-e #ペーストモード

ターミナル上で cmd-v #スクリプトをペースト

ターミナル上で ctrl-d #スクリプト実行

これで顔認識のPythonスクリプトが実行される。カメラで顔を写すとディスプレイ上の顔に□が表示され、且つボード上のLEDが点滅すれば成功。

ターミナル上で ctrl-c #終了

他のサンプルコード

以下からサンプルコードを参照。上と同じ手順で実行できる。
https://github.com/sipeed/MaixPy_scripts

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
0
Help us understand the problem. What are the problem?