Git

macOS での CVE-2017-1000117 対応メモ

More than 1 year has passed since last update.

システムのgit

/usr/bin/gitの更新は面倒なので、brew で最新のgit入れよう。

$ brew update
$ brew upgrade
$ git --version

デフォルトの環境変数では、/usr/local/bin/の方が/usr/binより優先されるはずなので、brewで入れるだけで問題ないはず。

ちゃんと設定しないとだめな可能性あり。(自分の場合は、過去に設定したのかもしれなかった)

参考:
macOSのgitをXcode Command Line Tools版からHomebrew版に乗り換えてみた

XCode

内部にgitを持っている(XCode Commandline Tools?)が、使用するgitを選べるようにはなっていなさそうなので、
アップデートが来るまでは、使わないようにしよう。
(そもそも使っている人が居るのか…)

rubymine / Android Studio 等、JetBrain製品

基本的には環境変数にあるgitを読むので、システムのgitを更新する(=brew)だけでいいはず。
もし、それで更新されないようなら、以下の設定項目を変更して最新のgitを指定しよう。

Preferences > Version Control > Git > Path to Git Executable: ____

SourceTree

brewでシステムのgitを最新にして、

環境設定 > git のバージョン > システムのgitを使用する

Github Desktop for Mac, Github for Mac

使用していないのでわからない。情報求む。