RedHat Enterprise Linux 6.7 に GitBucket をインストールしてみた

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

git のリポジトリを立てるために、GitBucket を使ってみる。

RedHad Enterprise に入れる手順を残しておく。


環境

$ more /etc/redhat-release

Red Hat Enterprise Linux Server release 6.7 (Santiago)


インストール手順


Java のインストール

ここはサクっと

$ yum install java-1.7.0-openjdk-devel.x86_64

.
.
(完了)
$ java -version
java version "1.7.0_85"
OpenJDK Runtime Environment (rhel-2.6.1.3.el6_7-x86_64 u85-b01)
OpenJDK 64-Bit Server VM (build 24.85-b03, mixed mode)


GitBucket をダウンロード

https://github.com/takezoe/gitbucket

公式サイトのリリースページから最新版を取ってくる。今だと 3.5 。

$ wget https://github.com/takezoe/gitbucket/releases/download/3.5/gitbucket.war


動くかどうか試してみる

$ java -jar gitbucket.war

これで、ポート8080 で接続できたら成功


GitBucket をデーモン化する

gitbucket 公式で、redhat 用のスクリプトがあるので、これを使用する。

$ cd /etc/rc.d/init.d/

$ wget https://raw.githubusercontent.com/takezoe/gitbucket/master/contrib/linux/redhat/gitbucket.init

修正する箇所は、以下の部分と実行ユーザ名あたり。

GITBUCKET_HOME はリポジトリなどを配置する場所。

GITBUCKET_WAR_FILE は文字通り war ファイルを配置する場所。

# Default values

GITBUCKET_HOME=/var/lib/gitbucket
GITBUCKET_WAR_FILE=/usr/share/gitbucket/lib/gitbucket.war

設定が終わったら、スクリプトを動かしてみる。

$ /etc/rc.d/init.d/gitbucket start

Starting GitBucket server: [ OK ]

FAILED になった時は、log を見て設定を見直す。


終わりに

簡単に github クローンの gitbucket が動かせることは、すごい。

あとは、gitbucket のバックアップ方法などを調べる。