Linux
buildroot
NanoPi-NEO2
upnpレンダラー

buildrootで作るNanoPi-NEO2用upnpレンダラー(ルートファイルシステム)

概要

自分用のメモみたいなものです。markdownの練習でもあります。
書かない部分はデフォルトということです。今回はルートファイルシステムの部分のみ作る場合
についてです。

make menuconfig

Target option

Target Archtecture (AArch64 (little endian))
Target Archtecture Variant (cortex-A53)
Floating point strategy (FP-ARMv8)

Toolchain

Toolchain type (External toolchain)
Toolchain (Linaro AArch64 2017.11)
(-O3 -pipe) Target Optimizations

System configuration

(xxxxx) Root password
(Asia/Tokyo) Install timezone info
(/home/takobozu/buildroot/board/NanoPi-NEO2/rootfs-overlay) Root filesystem overlay directories

Target package

[*]BusyBox
Audio and video applications --->
  [*]alsa-utils --->[*]alsaconf [*]aplay/arecord
  [*]mpd ---> [*]audiofile [*]dsd [*]flac [*]mad [*]curl [*]alsa
  [*]upmpdcli
Networking applications --->
  [*]ntp
  [*]ntpd
System tools --->
  [*]htop

Filesystem images

[*] cpio the root filesystem
    Compression method (gzip)

Bootloaders

[*] U-Boot
    Build system (Kconfig)
(nanopi_h5) Board defconfig
    U-Boot binary format --->
       [*]Custom (specify bellow)
    (u-boot.itb) U-Boot binary format: custom names
[*] Install U-Boot SPL binary image
(spl/sunxi-spl.bin) U-Boot SPL/TPL binary image name(s)

make busybox-menuconfig

使いたいコマンドやデーモンをメニュー形式で設定する。ここは人によって違うと思うので省略。

その他

上記のrootfs-overlayですが、これから作らせるルートファイルシステムに加えたいファイルやディレクトリを/home/takobozu/buildroot/board/NanoPi-NEO2/rootfs-overlay以下にあらかじめ作っておくことで、buildrootが作るルートファイルシステムにそれらを上書きしてもらうためのものです。詳細は、buildrootのマニュアルを確認した方がいいです。

Bootloaderで作らせる u-boot.itb sunxi-spl.binの使い方は、friendlyarm mainline kernel などと検索してもらえば、wikiが見つかりますのでそこに詳しく書いてあります。私もここで勉強しましたので皆さんもどうぞ。